コンクリートが硬化する原理

2011年8月18日更新

コンクリートは、セメント、水、細骨材、粗骨材、混和剤を反応させて作ります。より厳密には、コンクリートは水和反応といって、セメントと水が反応し、ガラス質の結晶ができることで硬くなる素材です。セメントは質量の40%もの水と反応して結晶を作っていきます。よく誤解されているように乾燥によって硬くなるわけではありません。水が少ないと硬いコンクリートができるのは、より緻密なガラス結晶ができるからで、水が足りないと逆に反応しなくなったり、流動性が悪くなるため、実際には必要な水よりも多めに添加されています。

コンクリートは、前述の通り、水とセメント、骨材で主に構成されていますが、混和材料を加えることでコンクリートの性質そのものを変えて利便性の良いものに変えることができます。例えば、コンクリートは打設してから一定の養生期間が必要ですが、混和材料を添加することで硬化時間を早めることもできます。反対に夏場などで硬化がはやすぎて困る場合は、硬化を遅延させるものもあります。また、コンクリートが反応する際に必要される水を最小限に抑え、より強靭で精度の高いコンクリートを作ることができるAE減水剤と呼ばれるものもあります。

コンクリートにも強度は様々なものがあります。コンクリートの硬化の反応は、化学反応であり、温度によって変わることから、同じ構成成分のものでも違いが出てきます。この辺りは金属などの規格材とは大きく違うところと言えます。

スポンサーリンク

>「コンクリートが硬化する原理」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「コンクリートが硬化する原理」についての関連記事とリンク

コンクリートの吸水率
コンクリートの圧縮強度
コンクリートの密度

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集