貴金属と卑金属の違いと種類

2012年10月10日更新

卑金属(英語ではベースメタルとも言います)とは、一言で言えば貴金属に該当しない金属全てが該当します。化学的に見れば、イオン化傾向の高い金属、つまり化学的に活性が高い金属の総称が卑金属で、反対に貴金属は、イオン化傾向が低いため、腐食、錆に強い金属となります。

一般に、貴金属といわれるものは、金、銀、白金、パラジウム、ロジウム、イリジウム、ルテニウム、オスミウムを指しますが、イオン化傾向が低いという点から(水素よりも小さいという定義に則るならば)、銅と水銀を含めて言うこともあります。

貿易などでは卑金属と貴金属の別は関税に影響するため、曖昧なグレーゾーンを残さず、明確に定義しており、卑金属は、鉄鋼、銅、ニッケル、アルミニウム、鉛、亜鉛、すず、タングステン、モリブデン、タンタル、マグネシウム、コバルト、ビスマス、カドミウム、チタン、ジルコニウム、アンチモン、マンガン、ベリリウム、クロム、ゲルマニウム、バナジウム、ガリウム、ハフニウム、インジウム、ニオブ、レニウム、タリウムが該当します。

卑しい、貴いの言葉が使われているためイメージが先行してしまいがちですが、これはイオン化傾向が高い金属を「卑な金属」と呼ぶところからきています。価格についても貴金属は非常に高価ですが、卑金属の中にも高価なものがあります。実用上の使用量でいえば、卑金属が圧倒的に多いといえます。

スポンサーリンク

>「貴金属と卑金属の違いと種類」についての先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集