砥石に水を使うのはなぜ

2011年11月22日更新

砥石は対象を削る作用を持つ工具です。磨くことで鏡面状態に仕上げる砥石も、多かれ少なかれこの削る作用を持っています。砥石でなぜものが削れるのか、磨けるのかと言えば、その表面から刃に相当する砥粒が多数突き出しているからです。

一般的な砥石は、次の三つの要素、砥粒、ボンド、気孔から成り立っていますが、削る作用を持つ砥粒は、砥石が減るとともに自身も摩耗して下にある砥粒に次々と生え変わっていくという性質を持ちます。他の工具との大きな違いは、砥石は減ることで切れ味を保つという点です。砥石の切れ味を保つためには、砥石が適度に損耗しなくてはいけませんが、他にも種々の条件が影響してきます。

水を用いるのは、砥石の切れ味や損耗具合を適度に保つことで、その役割は概ね以下の通りです。

  • 滑りをよくして研磨性能を上げる
  • 冷却して砥石の性能を十分に発揮させる
  • 切り屑を洗い流しつつ、目詰まり等を防ぐ

物体を削る際には、砥石の砥粒と加工対象が接する部分があります。この部分は高速回転させるものであれば高温となります。こうした高速回転を前提とした機械研磨では、あまり水を使わず、様々な物質を添加して付加価値をつけた研削液が使われまずが、求める効果は上記と大差ありません。

スポンサーリンク

>「砥石に水を使うのはなぜ」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「砥石に水を使うのはなぜ」についての関連記事とリンク

研削液に水を使うメリットは何ですか
研削液(研削油)の役割は何ですか?
水溶性切削油剤の種類
不水溶性切削油剤の組成
クーラントとは
研削液(研削油)、切削液のメーカーリンク集

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集