ミルクランのデメリット、メリット|自動車メーカーにおける物流事例

2021年5月1日更新

ミルクランとは、もともと牛乳回収・配達になぞらえた集荷方式を意味し、トヨタ、日産、ホンダ、いすゞなど各自動車メーカーをはじめとする製造業が積極採用しています。簡単に言うと牛乳業者が酪農家をまわって効率的に牛乳を回収していくように、トラックが各サプライヤーを効率的に巡回して自社が購入する部品をピックアップし、自社の倉庫や工場まで運ぶ方法です。売るほうが届けるのではなく、買うほうが取りに来る、という物流のひとつの方法です。この輸送方法のメリットだけでなくデメリットについても、買い手と売り手のそれぞれの立場から見ていきます。

ピックアップするポイントから自社までの輸送費は、買い手である自動車メーカーが負担し、トラック便の契約からルート設定も買う側であるカーメーカー側が行います。特に製品を作るのに部品点数が多く、多くのサプライヤーと契約しており、多品種を多回納入(1日に時間を指定して何度も納入)するような方式に向いています。

というのも、こうした場合は各仕入先がそれぞれ異なる運送会社と契約しており、荷量や条件もばらついていることから輸送費が高くなっていることがあり、輸送会社との契約を買い手側がまとめて一手に引き受けて行うと(例えば一社の輸送会社に運送便もまとめてしまうと)荷量も多くなってコストを抑えられるメリットがあります。

通常、お客様へ各部材を納入するサプライヤーは自社の販売する製品に輸送費ものせ、配送(デリバリー)するところまで責任をもって行います。ミルクラン方式では逆に、顧客側が製品を回収にやってくるという大きな違いがあります。

多品種で大量の部品が行き来する業界では、物流網の効率運用というのは大きな課題となります。というのも運送代がかなりになる反面、トラックの巡回ルートを効率的に設定したり、積載効率を上げたり、1箱あたりの入り数を多くする荷姿改善をすることで製品1個あたりにのることになる輸送費が下がり、結果として原価を下げることができるためです。

自動車業界の場合、生産ラインで使う分だけ納入してもらうよう発注をかけますので、どうしても運送便の回数が増えます。逆に使う分だけを時間指定して発注しないと、部品の点数が他の工業製品に比べても多く、サイズも大きいものが多々あるため、置き場や倉庫があふれかえってしまいます。

こうしたことから自動車メーカーはミルクランを積極採用していますが、使っていないサプライヤーやメーカーも当然あり、これにはのちに述べるデメリットが関係してきますが、端的に言えば、サプライヤー側から見て必ずしもメリットばかりではなくコスト増になってしまうケースもあるためです。

自動車メーカー側からは、「仕入先からの部材納入に自社でミルクランを設定したほうがコストが下がるか」という視点で検討を行いますが、サプライヤー側でも以下二つの検証を行っています。

  • 客先側のミルクランに乗っかったほうがコストが下がるか
  • 自分たちで契約した運送便で納入したことがコストが下がるか

ミルクランにおけるメリットとデメリットのまとめ

ミルクランを使うか使わないかというのは、サプライヤーの立地、納入回数、物量、現在使用している運送便との兼ね合いといった問題を比較検討して判断していくことになります。以下にメリット、デメリットをまとめます。

ここでは主に自動車部品メーカー(サプライヤー)、自動車メーカーのそれぞれの視点で見た場合に、ミルクランのメリット、デメリット、課題がどこにあるのか見ていきます。

ミルクランのデメリット、メリットの例
メリット デメリット
  • 製品にのっている不透明な物流コストを購入価格の外に出せるので原価低減活動がしやすくなる(自動車メーカー)
  • 多数のルートや便を指定した運送業者と契約するため、輸送費自体が各サプライヤーが個別契約するよりも安くなり、結果として調達コスト全体の低減につながる(自動車メーカー)
  • 物流コストは自社で見ていくため、仕入先とは仕入れている製品の生産コスト低減に絞って交渉ができる(自動車メーカー)
  • 自社で契約している運送便よりも安くなり自動車メーカーへの値引き分を考慮しても利益がより確保できるようになることがある。(サプライヤー)
  • 運送便の契約交渉や荷量把握し物流コスト(ルート)の改善を行う必要がなくなる。ものづくりでのコスト低減に集中できる。(サプライヤー)
  • 輸送距離が長いとコスト高となり、複数のサプライヤーの品物を効率的に回収して回るからこそメリットが出てくるが、その巡回ルートがうまく組めない (自動車メーカー)
  • 自動車メーカーや工場の場所などにもよるが部品メーカーが自社契約のトラックで運ぶよりも高くなることがある (サプライヤー)
  • 大型トラックで巡回するため工場や集荷場所が小さいと入れないことがある (自動車メーカー)
  • ルートの関係でピックアップのポイントが限定されていることがあり、そうしたデポまでの輸送費がかかってしまう。結果として輸送費全体で見るとコストダウンになっていない。(サプライヤー)
  • 集荷時間やトラックの滞在時間に融通が利かない (サプライヤー)
  • 万が一遅延するような場合もミルクラン便は待ってはくれないので、集荷時間を過ぎると特車・特便を手配して客先まで届けないといけない。ただしこれをすると遅延クレームとなる。(サプライヤー)
  • 輸送費の部分が丸裸になってしまうので物流改善の得意な企業にとってはこの部分でいくら努力しても利益回収できなくなる (サプライヤー)
  • 荷量が多すぎると巡回ルートが組めない (自動車メーカー)
  • 積載効率を上げたり、製品の箱あたりの収容効率を上げたりといった原価低減活動のうまみは、客先が享受することになる (サプライヤー)
  • 輸送会社とは長い付き合いがあり自社製品の様々な輸送を依頼しているからこその価格になっている。ある自動車メーカーとの輸送だけミルクランに変えてしまうと今後のコストアップや取引に影響する(サプライヤー)

スポンサーリンク

「ミルクランのデメリット、メリット|自動車メーカーにおける物流事例」の関連記事

>このページ「ミルクランのデメリット、メリット|自動車メーカーにおける物流事例」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集