フレイターの高さ制限はどれくらいか

2024年5月13日更新

貨物専用機となるフレイターの高さ制限は、旅客機に比べると大きく、300センチというのが一般的です(後方部分の最も高いスペース)。つまり3メートルとなります。ただし航空会社によって異なりますので、依頼前にフォワーダを通じて確認の必要があります。

幅の制限については360センチから390センチ前後となります。

非常に長い貨物、いわゆる長尺貨物や超長尺貨物については他の搭載貨物との兼ね合いもありますが、フレイターで貨物の搭載口が先端にあるノーズカーゴドアであれば、10メートルを超すものも搭載可能です。

大物を輸送する場合は、フレイターの貨物室のサイズや重量制限だけでなく、荷物の積み込みや積み下ろしをするドアサイズや形態が重要となります。一般的なフレイターはカーゴサイドドアと呼ばれる後部側の側面に大きな搭載口があります。航空機により異なりますが、高さ300センチ×幅320センチ前後となります。

サイドカーゴドアを開放した状態 貨物の搭載口となるサイドカーゴドアを機内から見た図

一見そこまで広くないように見えますが、内側から見るとかなりの貨物が入ることが分かります。

フレイターは貨物専用というだけあって、かなりの重量物も搭載されます。もともと航空機は船舶に比べても重量バランスにセンシティブな輸送手段で、各社現場の職人芸的な重量分散の技法で、引き受け貨物がうまい具合に貨物室内に配置され、運航に支障がないように搭載されますが、バランスがあわないと貨物をおろして別便に移すということもあります。容積と重量をかなり細かくみていることが分かります。

航空機のパレットはULD(Unit Load Device)と呼ばれる独特なもので、独自の規格がありますが、その中でもパッセンジャーのいる旅客機にも搭載できるタイプのものと、フレイターにしか搭載できないものとがあります。旅客機に搭載できるものは10フィートパレット(96パレット)と呼ばれるもので、1パレットのグロス重量が6804キロ、ベースサイズが243.8センチ×317.5センチ(インチだと96×125となるので、96パレットと呼ばれます)になります。

フレイターは20フィートパレット(グロス重量11340キロ、243.8センチ×605.8センチ)、16フィートパレット(グロス重量11340キロ、243.8センチ×497.8センチ)も航空機の種類によって搭載可能です。

スポンサーリンク

>このページ「フレイターの高さ制限はどれくらいか」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集