貨物室での飛行機の温度はどれくらいか

2024年5月13日更新

フレイター(貨物専用機)の場合、温調対応で空調をつけるとメインデッキの内部での温度は4℃から29℃の間といわれています。

高度1万メートルでは、機外の外気温は−50℃にも達するといわれるほどの極寒ですが、これでは貨物の種類によってはダメージを受けて使い物にならなくなってしまいます。船便の輸送がどちらかというと暑さとの戦いになりますが、航空便の場合は貨物によっては快適な温度帯ということになります。なお、ペットや家畜などの生き物を輸送する場合はさらに温度管理によって20℃前後に維持されることになります。

また機内の湿度は20%以下が一般的とされますが、通常は湿度管理を行う設備は付属してしません。

温度変化により結露が発生し、それが蒸発して湿度がかなり変わることがあるので、場合によっては飛行機の温調対応に頼らず、温度の範囲が管理できるパレットや機材ごと輸送するという方法もあります。

輸送中の品質劣化を確認するために、輸送トライ等を行う場合は、通常輸送で船便を使うのにエアー便でテストすると温度や湿度環境がかなり異なるので、いざ船便で輸送してみると異なる結果が出ることがある点に留意が要ります。

スポンサーリンク

>このページ「貨物室での飛行機の温度はどれくらいか」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集