クリ(栗)の特徴|引張強度、圧縮強度、曲げ強度、曲げ弾性率、硬度

2011年8月18日更新

国内では北海道の西南部や本州、四国、九州などに分布する広葉樹で、食用として使われる「栗」を実らせる木でもあります。木材として見た場合、重く硬い部類で、水に強く、保存性が高いタイプです。ただし加工性はあまりよくありません。肌目は緻密で、耐湿性にも優れています。心材は褐色、辺材は灰白色を帯びた褐色です。現在は木材としての流通量は減っており、家具や高級品などの素材として使われます。耐久性が高いことから、鉄道の枕木もこの栗で作られることがあります。また位牌や仏具の素材として使われることもあります。木材は経時変化により褐色から黒味を帯びることがありますが、これは材木中に含まれるタンニンのためとされます。

クリ(栗)の強度、物性
曲げ弾性率
(kgf/cm2
90000
圧縮強度
(kgf/cm2
430
引張強度
(kgf/cm2
950
曲げ強度
(kgf/cm2
800
せん断強度
(kgf/cm2
80
木口面硬さ(硬度)
(kgf/mm2
4.5
板目面硬さ(硬度)
(kgf/mm2
1.5

スポンサーリンク

>このページ「クリ(栗)の特徴|引張強度、圧縮強度、曲げ強度、曲げ弾性率、硬度について」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
「木材の種類と特性、強度、硬度について」へ戻る

クリ(栗)の特徴|引張強度、圧縮強度、曲げ強度、曲げ弾性率、硬度についての関連記事とリンク

工業刃物、機械刃物、刃物メーカーの一覧
床研磨機メーカーの一覧
木材メーカーの一覧
木材の比重一覧と含水率の関係
木材の種類
水に沈む木材にはどんなものがあるか
木材の耐久性
木材の成分
木理とは
木材の収縮率と膨張

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集