メタルボンド

2010年6月26日更新

砥石を構成する三要素、「砥粒」、「ボンド」、「気孔」のうち、ボンドが金属質で作られたものを言います。主にダイヤモンド砥石やCBN砥石で使われます。主要なボンド、レジン、ビトリファイド、ゴム、PVAなどの中でもそこそこの硬さに「粘り」に特徴のあるボンドで、金属のもつ保持力を活かした高寿命や重研削に用いられるタイプの砥石が多数開発されています。メタルボンドは単体の金属で作られることはなく、複数の金属をはじめ様々な物質が配合、焼結されることで作られています。主要となる金属材質によって、コバルト(Co)ボンド、ブロンズ(Bz)ボンド、スチール(St)ボンド、タングステン(W)ボンド、ニッケル(Ni)ボンド、鉄(Fe)ボンドなど呼び方は様々ありますが、いずれも複数の金属や物質が混合されて作られたものです。同じメタルボンドであっても砥石メーカーによって、使用感が異なるのはこれが理由です。

メッキを応用した電着砥石や電鋳砥石も、広義にはメタルボンドの一種です。こちらはほとんどの場合、ニッケルメッキが主成分となります。こちらはメタルボンドであっても、その性質はかなり異なります。ダイヤモンドが一層つけられたメッキ層が台金に付着しているタイプの砥石のため、形状の維持性などに優れる反面、この一層を使い切ってしまうと、下から次の砥粒は出てきません。台金が痛んでいなければ、メーカーに依頼して再電着してもらうことも可能です。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

メタルボンド砥石の関連用語

レジンボンド
ビトボンド
ゴム砥石

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集