ゴム砥石とは

2010年6月26日更新

工業用の砥石としては、大別するとレジン、メタル、ビトリファイド、電着などがあげられますが、ゴム砥石も原理はこれらと同じです。ただボンドがゴムでできているため、きわめて高い弾性を持つ点が特徴としてあげられます。広義には樹脂系の砥石なのでレジンと言えなくもないですが、業界では目的、製法や性能を発揮する局面が違うため、明確に区別されています。形状としては軸付きタイプの砥石が圧倒的に多いです。

バリ取りやさび取り、ツールマーク(研磨痕)の除去など金属の表面を磨くのにも使われますが、他の砥石よりも切り込みが浅く、傷が付きにくいとされますが、半面、切れ味には難があります。またボンド自体がゴムになっていることで、切り屑の発生は比較的少ないといわれています。 ゴム砥石の砥粒にはほとんどの場合、アルミナやGCなどの一般砥粒を用いていますが、ダイヤモンドが使われることもあります。研削砥石の競合品ともいえますが、アルミやステンレス、チタン合金など研磨しにくい素材にも使えるため、状況により使い分けられているようです。

ダイヤモンドホイール等の砥石メーカーがこうしたゴム砥石を製造していることは稀で、有機材料を得意とするメーカーが製造している例が多いようです。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

ゴム砥石の関連用語

ボンド(結合材)の種類
砥石の種類について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集