ビト(ビトリファイド)とは

2010年6月26日更新

一言でいえば、セラミック質のボンドです。長石、可溶性粘土、耐火粘土(フリット)など陶磁器の材料が主な原料となっています。砥石は焼いて作りますが、その際の焼結温度が最も高くなるのもビトリファイドです。

主な三つのボンド、メタル、レジン、ビトリファイドの中ではこのボンドが最も硬い材質となります。ビトのよいところは、切り屑の排出がしやすく、高寿命で切れ味が鋭いことです。こう書くと万能のボンドのように聞こえますが、加工物との相性はあります。例えば同じ系列の材質であるガラスとはあまり相性がよくありません。また加工対象がやわらかすぎると、切り屑でボンドが削れない(減らない)ため、目詰まりや目つぶれ等を起こす場合もあります。

ビトの大きな特徴はその気孔にもあります。通常、メタルやレジンなどのボンドには気孔のない、砥粒とボンドの二元系の砥石が多いですが、ビトは多くの場合、気孔を内在しています。これが切り屑の排出を助けたり、自生作用を促進させたりすることで、ドレッシングの回数が少なくすんだり、砥石によってはドレスなしでの研磨を可能にします。

ビトリファイドのダイヤモンドホイール自体は、ドレッシングやツルーイングは容易ではなく、レジンに比べるとかなり骨が折れます。かといってダイヤモンドドレッサーを使いすぎると、砥層が減ってしまうため、どのような方法を選択するのかは悩みどころです。

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集