切削液が腐敗して困っています

2009年9月14日更新

水溶性切削油剤は、水で希釈して用いるため、バクテリアやカビが発生してしまうタイプのものがあります。夏場など特に温度が上昇する環境や、風通しの悪いところに収納されることが多いため、切削液から腐敗したような異臭がするという話はよく耳にします。

対策としては、防カビ剤・抗菌剤などがあらかじめ入っている腐敗しにくいタイプの液を使うほか、水で希釈するときの濃度管理も重要です。切削液の濃度は、研削性能にも影響する要素ですが、これが薄すぎると腐敗の原因にもなります。また新しい液を使う前に、古い液が残留していると思われる箇所の清掃や殺菌もバクテリアの発生を抑える上では効果的です。またpHを調整して細菌の増えにくい状態にするなどの方法も考えられます。

水溶性で無くともかまわない場合には、油が主成分で水で薄めずに用いる不水溶性切削油剤に変えるという方法もあります。対策をしてもあまり改善が見られない場合、一度切削油剤メーカーに相談してみるのもよいかと思います。

スポンサーリンク

>このページ「切削液の腐敗について」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

切削液の腐敗についての関連記事とリンク

不水溶性切削油剤の組成についての関連記事とリンク

研削液(研削油)の役割は何ですか?
水溶性切削油剤の種類について
不水溶性切削油剤の組成について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集