ねじにおける並目と細目の違い

2024年6月3日更新

並目ねじと細目ねじの違いは、ピッチの長さです。ピッチとはねじの山と山の間の距離のことで、細目ねじはこのピッチが並目よりも短く設計されています。この結果、締め付け力に違いが出るため、用途にあわせて使い分けるのがベストです。

ねじ山が隣の山との間隔が短いということは、締結するときに同じ回転を与えても完全に締め込むのにより多く回転させないといけないので、時間がかかります。通常、製品を作るのにねじを一本だけ締めればよいというものではないので、機械で実施するにしても、細目ねじを使うと加工時間が延び、結果として1個当たりの生産の時間が長くなります。

では、この細目ねじはどこで使うのかという点ですが、このねじは以下のような場合に使いどころとなります。

  • 細目ねじは並目ねじよりも有効径が大きく、強度が強いため、高負荷がかかる用途。
  • リード角が小さく、強く締まり緩みにくい。振動する場所のゆるみ防止や締結・増し締めを頻繁にできない場所の締結
  • 1回転あたりの軸方向の移動距離が短く、位置決め等微調整を必要とする用途

リード角とは、ねじの溝を横から見た時の傾斜角度です。違いが分かるように極端な図にすると下図のようになります。

並目ねじと細目ねじの違い

加工するうえでは手間がかかるものの、ねじの本領である締結力が強くなる、強度に優れるという特徴を持つねじであるため、適切な箇所に使うことで大きな力を発揮します。

スポンサーリンク

>このページ「ねじにおける並目と細目の違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集