並目ねじと細目ねじの図面表記

2024年6月3日更新

並目ねじと細目ねじは図面上の表記方法の違いから見分けることができます。ねじの規格サイズ表を確認すれば、なお確実ですが一般には以下のように表記の方法が異なるのでここから判別ができます。

細目ねじで(呼び)×(ピッチ)×(呼び長さ)が表記されている部位が、並目ねじは(呼び)×(呼び長さ)で表記されています。このピッチのあるなしで判別ができます。仮に図面で呼びしかない場合、例えばM12とあった場合はメール並目ねじのM12を意味しています。細目ねじを指定する場合は、「M12×1.25」とピッチを記載します。

なお、図面ではねじの種類によっては、JIS規格にあるものをそのまま使いたい場合、指定の表記を行うことで部品図を描く必要がなくなります。例えば六角ボルトや六角ナットがその典型で、JISとISOの双方の併記が必要になりますが、全ねじ六角ボルトで、並目、部品等級A、呼びがM12、ピッチが1.75、長さが80mm、強度区分8.8の場合、「全ねじ六角ボルト JIS B 1180-ISO 4017 - M12 × 80-8.8-部品等級A」と記載すれば、部品図の作図が不要ということになります。

六角ボルト細目と並目の図面表記

スポンサーリンク

>このページ「並目ねじと細目ねじの図面表記」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集