ケースマークに原産地表示は必要か

2024年5月13日更新

ケースマークには原産地表示(MADE IN JAPANなどの原産国表記)を付けているパターンが多いですが、必須ではありません。通常、1パレットに1枚のケースマークがつきます。また1パレットに原産国が違うものが複数ある場合も、面倒を避けるため省略するケースがあります。例えば、1パレットに60箱で、10箱が中国製、10箱が韓国製、10箱がベトナム製、10箱が日本製、20箱がインド製というような場合、同一パレット内のすべての国名を記載する方法もありますが、誤解を生むこともあります。

ただし、原産国や原産地をケースマークに記載する場合はインボイスやパッキングリストに記載している原産地と差異がある場合、通関時に止められる可能性があります。例えば、日本製とインボイスには記載しているにも関わらず、貨物の現物にはMADE IN CHINAと書いてあるような場合です。

また、出荷する国と異なる原産地を記載する場合に、通関で止められるリスクを避けるために、ケースマークに原産地を記載しないというケースもあります。例えば日本から輸出しているもので、実態としてはインド製のものを再度インドへ輸出するというような場合、税関検査等につながると現地側での輸入通関に時間がかかるためです。

この例で言えば、インド税関からすると、日本から輸出されているものがなぜインド製の表記があるのか?これは中古品ではないのかという疑いが生じ、通関がすんなりいかなくなることがあります。

インボイスやパッキングリストには正しい原産地が記載されているのであれば通関手続き上は問題はありませんが、あまり目立たないようにしたい、ミスを少なくしたいというのであれば、ケースマークへの記載事項を最小限にするという考え方もあります。ただこのケースマークの本来の意図は、パレットごとに張り付けてあるので、間違えて輸送されることを防ぐためと、パッキングリストとの照合を容易にするという意図があります。パレット単位での輸送となるLCLでは、たまたま他社品でまったく同じケースマークがあると、取り違えてしまうリスクもあります。

またコンテナ単位で輸送するFCLであっても、デポでバンニングを行う際、多量の類似パレットを使っていると仕向け地が同じ場合、ケースマークの表記がシンプルすぎると、表記が重複してしまい、取り違えてしまうリスクがあります。

梱包場所やバンニング、デバンニング場所ではパレットを特定できるレベルでの最小限の表記、というのが望ましいです。

スポンサーリンク

「ケースマークに原産地表示は必要か」の関連記事

>このページ「ケースマークに原産地表示は必要か」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集