ガラスのチッピングで困っています

2011年2月5日更新

研磨や研削中に加工しているガラスの縁などが小さく欠けてしまう「チッピング」は、ガラス加工の中でも頭を悩ませることの多い現象の一つです。加えて、今日では携帯電話の画面やiphoneなどのスマートフォンの画面などディスプレイをはじめ、かなりの要求精度が求められる加工が増えてきています。従来は問題のなかったほんのわずかなチッピングも、こうした要求精度向上に伴ってNG判定となり、不良率が極端に上がってしまう等の問題は様々な分野で起きています。

固形の砥石を使ってガラスを研削、研磨する場合はそのほとんどが面取りに相当する加工や端面の研磨になるかと思います。中にはバーチカル型で、ドーナツ状の砥石の外周ではなく端面部を寝かせてガラス表面を研磨する場合もありますが、これはガラスの表面の膜を剥がすとか特殊な用途で使われることが多いです。

端面部では、わずかに条件が合わないだけでもチッピング、ハマ、ピリといったガラスが欠ける現象がおきますが、これはガラスが硬脆材料であると言った点とも深いかかわりがあります。表面を削るという加工は、抉ることとほぼ同義でもあり、粘っこい材質でもない限り、ワークがごっそり落ちてしまうこともあります。ガラスの場合はキリコが粉になりますが(微小加工の世界ではこうならないこともあります。切り込み深さによります)、砥粒が深くガラスに食い込み過ぎてしまえば、キリコが粉とならずにチッピングとなってしまいます。

一般に、この現象が起きたときには砥石が原因なのか、機械の振れや加工条件が原因なのか、直接的な原因を探る必要があります。多くは複数の要因が重なっています。チッピングもハマ欠けもその対策法は発生原因は似ていますので、「ガラスのハマ欠け(ピリ欠け)の原因と対策」のページも参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

>ガラスのチッピングについての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

ガラスのチッピングについての関連記事とリンク

用途解説:チッピング
ガラスのハマ欠け(ピリ欠け)で困っています。
ガラス研削・研磨用ダイヤモンドホイールについて

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集