増し締め(ましじめ)の意味とは

2021年8月21日更新

増し締め(ましじめ)とは、一度締めて固定されているネジやボルト、ナットをさらに締めることを意味します。英語ではretorquingやretighteningと言います。これを行う理由は、締め込んだ強さ(トルク)を確認する検査目的の場合と、ゆるみの進行を抑制したり、さらに締結を強固にしたりする目的で実施されることがあります。増し締めのチェックはタイヤでもよく行われます。

締結したボルト・ナットは図面上、たいてい締め込む強さをトルクで指定されています。締結は強すぎても弱すぎてもだめで、一定の範囲に収まっている必要があります。増し締めトルクといった場合、一度締めてあるボルトをさらに締めようとしたときにボルトが動き出す時のトルク値のことで、締め込み強さが図面通りのものになっているか確認する目的で行われます。

製造時にきちんと締め込む強さが維持できているか、あるいは耐久試験など過酷ないじわる条件を経た製品でもボルトが緩んでいることがないかをこの試験で検査することができます。

ボルトのゆるみは様々な要因で起きますが、製造条件が変わった際なども増し締めトルクを確認し、要求通りの締結ができているか確認することが行われます。

スポンサーリンク

>このページ「増し締め(ましじめ)の意味とは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけでなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集