タイの祝日カレンダー2020年|タイの祝日の意味と一覧

2019年12月9日更新

2020年のタイの祝日は土日を除くとカレンダーの上では18日となります。原則、タイでは土日も休みとなる週休二日制で、土日が祝日に該当する場合、次の平日を休みとする振替休日制度を採用しています。以下にタイにおける祝日や休日、休暇のとり方、暦から連休の特徴までみていきます。

タイにおける祝日と休日

タイは仏教国であり、その影響で国民の祝日についても仏教行事や記念日にちなんだ祝日が多いのが特徴です。釈迦の誕生日をはじめ、万仏節、三宝節といった日が休みになっています。また、国王がとても敬愛されている国でもあり、王室関係にまつわる祝日、たとえば国王や王妃の誕生日や崩御の日、戴冠日などが記念日として休日になります。ほか、最大の連休となるのが、タイの正月ともいえるソンクランです。

タイは自動車をはじめ、東南アジア最大の製造業の国でもあります。部品のサプライチェーンも出来上がっており、それゆえ経済発展も進んできた事情があります。日本をはじめ、外資の製造業が多数存在し、そうした企業は現地の習慣に加えて、本国の休み等も加味して休日を設定していることがあります。ビジネスの世界では相手方に操業カレンダーをもらうのが最も確実といえます。

タイでの休暇の種類|会社では有給休暇よりも傷病休暇が長い

タイの企業では、法令上は週1日以上の休日を与えることが義務付けられており、日本が週40時間の勤務を通常とするのに対し、週48時間となります。ただ、業種にもよりますが、昨今は土日が休みのことが多いです。

有給休暇付与日数は短め

有給休暇も与えられますが、これは1年で6日間となります(1年以上勤務。1年未満は按分して付与)。毎年6日間となるとかなり短いですが、余った分や使い切れなかった分は次年度へ持ち越すケースと、買い取るケースとがあります。日系の現地法人の多くは、有給休暇の規定を現地の労働法よりも多めに設定しているケースも見受けられます。10日や12日、14日、20日など独自の付与日数となります。

長めに付与される傷病休暇

また、有給休暇を補填するものとして使われるものが年間30日間の傷病休暇と、年間3日間のビジネス休暇です。傷病休暇は、勤務年数に関係なく、年間30日までは休むことができ、連続して3日以上休まなければ診断書も不要であるため、風邪や体調不良を理由に、有給休暇の一種として使われていることも多々あります。この辺りの習慣は、病気休暇であるsick leaveのある米国や欧州にも通じるものがあります。アメリカでも有給が少ない代わりに、傷病時に使える休暇が存在します。

ビジネス休暇というのは、役所等での手続きを行うことを名目に年間数日程度付与するもので、実質、使用目的は問われないので、こちらも有給休暇を補うものとして使われています。

業種にもよるのですが、総じていえば、祝日と有給休暇の双方で日本に比べると少なめに設定されていると言えそうです。

2020年のタイのソンクラン

タイのソンクランは英語では、Songkran Festivalと呼称されますが、2020年は4月13日、4月14日、4月15日の3日間となり、これらが公的な休みとなります。但し、製造業をはじめ、多くの企業では、この前後に休日を連結させますので、1週間程度の休みとなることも見受けられます。こうした場合、ソンクランの長期休暇が7連休になるというような会社もあります。

特に製造業の分野では工場を休む際はいっせいに休んだほうが光熱費等の面でもコスト的に有利であるため、通常は極力平日は稼動し、こうした連休にまとめて休みをとる傾向があります。ソンクランの他にも、会社によっては12月28日から1月の3が日までを連休にしているところもあります。

他国と同様ではありますが、振替休日の制度がある国は連休が多めになります。5月は日本のGWと多少似通った連休となる場合もあり、2020年は5月1日(金)が祝日で、5月5日を休みにすれば、5月6日までの6連休となります。

タイ最大の連休

なお、このソンクランは日本人にとっては年末年始、中国人にとっては春節といった休みに相当します。ほとんどの従業員は故郷へ帰省しますし、家族で集まるのが一般的です。また、店の多くも閉まり、公共の交通機関は人でごった返します。ソンクラン自体は祭りとしての性質があり、道行く人に無礼講で水を掛け合う祭でもあります。

なお、この祝日を日本語では、灌仏節と呼称することがありますが、仏教行事である灌仏会とはまた別のものとなります。現在はタイの正月というのは諸外国にあわせて1月1日ですが、このソンクランがもともと正月だった歴史があります。

ソンクラン前後の輸出入には注意

貿易面では税関がとまるため、ソンクランの前後の通関となる場合は注意を要します。タイ側の担当者に、最終的なデリバリーがいつまで可能か、また輸送業者を通じて最終出荷日がいつになるかは事前確認が必要なところです。タイの最大の連休であるソンクランは、他国とも連休の時期が違うため、忘れずに確認しておきたいところです。

タイの暦は、仏暦?

ビジネスの分野では西暦が一般的に使われますが、行政文書等の政府の公式文書などではいわゆる仏暦が使われます。日本で元号を使うのと同様です。仏暦は釈迦が入滅した年(あるいはその翌年)を元年とする暦で、仏滅紀元やタイでよく使われることにちなんでタイ仏暦とも呼ばれます。直近の西暦との対照表は以下のようになります。

英語でコミュニケーションをとる場合、ほとんどが西暦になりますが、稀にこうした仏暦が出てくることがあります。

元号、西暦、仏暦(タイ仏暦)の対照表
元号 西暦 仏暦(タイ仏暦)
令和元年 2019年 2562年
令和2年 2020年 2563年
令和3年 2021年 2564年
令和4年 2022年 2565年
令和5年 2023年 2566年
令和6年 2024年 2567年
令和7年 2025年 2568年

2020年のタイの祝日カレンダー

冒頭で述べた通り、2020年は18日間となります。なお、2020年は仏暦だと2563年となるため、タイの公文書での祝日表記はこの年での記載となっています。このカレンダーでは、土日に祝日があたっている場合、実際の休日となる振替休日に印をつけています。

タイの祝日カレンダー2020年

2020年タイの祝日の一覧と意味

タイの祝日を英語と日本語で一覧にしました。また祝日の意味もまとめています。下記日付は2020年のものとなります。歴代の王室関係の記念日、建国にかかわる記念日、仏教に関する祝日が大多数を占めます。以下は公的機関が休みになるいわゆる国民の祝日に相当する休日のカレンダーですが、関係機関や各企業での休みのとり方についてはそれぞれからカレンダーを入手するのがベストです。

タイの祝日の一覧
祝日 現地の英語名称 日本語 特記事項
1月1日(水) New Year's Day 西暦の新年 -
2月10日(月) Magha Puja in lieu /Makha Bucha Day in lieu 万仏節 仏教の祝祭日。禁酒し、寺で説法を聞く風習がある。2月8日(土)が本来の祝日のため、この日が振替休日
4月6日(月) Chakri Memorial Day チャクリー王朝記念日 ラーマ1世がバンコクを首都に定め、1782年チャクリー王朝を起こした記念日
4月13日(月)から4月15日(水) Songkran Day / Songkran Festival 灌仏節、ソンクラン タイにおける新年の祝日。独特の風習から水掛け祭りとも。タイにおける最大の連休となるのが通例。
5月1日(金) Labour Day メーデー
5月4日(月) King’s Coronation Day 国王戴冠日 ラーマ10世の2019年戴冠を記念する祝日。
5月6日(水) Visakha Bucha Day / Wisakha Bucha Day 仏誕節 釈迦誕生日を祝う
6月3日(水) Queen Suitida Patchara Suthaphimollaksanaram’s Birthday スティダー王妃誕生日 ラーマ10世の王妃の誕生日を記念した祝日
7月6日(月) Asanha Bucha in lieu 三宝節 本来は7月5日だが日曜のため、この日が振替休日となる
7月28日(火) King Vajiralongkorn’s Birthday ラーマ10世国王誕生日 ワチラーロンコーン王の誕生日を記念した祝日
8月12日(水) Queen Mother Sirikit’s Birthday/National Mother’s Day シリキット王太后誕生日/母の日 ラーマ9世の王妃。母の日としても祝う。
10月13日(火) Anniversary of King Bhumibol’s death プーミポン・アドゥンヤデート大王記念日 プミポン国王の名で親しまれたラーマ9世崩御の日を記念した祝日
10月23日(金) Chulalongkorn Day チュラーロンコーン大王記念日 ラーマ5世崩御の記念日を祝日としている
12月7日(月) King Bhumibol’s birthday in-lieu プーミポン・アドゥンヤデート国王誕生日 12月5日(土)が本来の祝日のため、この日を振替休日。父の日としても祝う。
12月10日(木) Constitution Day 憲法記念日 タイ王国ではじめて憲法発布を行った日(1923年)を記念した祝日
12月31日(木) New Year’s Eve 大晦日 -

スポンサーリンク

>「タイの祝日カレンダー2020年|タイの祝日の意味と一覧」の先頭へ

タイの祝日カレンダー2020年|タイの祝日の意味と一覧の関連記事