ドイツの祝日カレンダー|2022年ドイツの祝日・休日一覧

2022年1月9日更新

2022年のドイツの祝日は、連邦州ごとに異なりますが、例えば首都ベルリンであれば、カレンダー上12日間となります。なお、振替休日はありませんので、祝日が土曜や日曜にかかっても平日がどこかで休みになるということはありません。また日曜日が「祝日」と法令で定められた稀有な国家でもあります。便宜上、ここでは日曜日を祝日に含めずにカレンダーを作成します。

ドイツの祝日事情

ドイツは正式名称を「ドイツ連邦共和国」という通り、16の連邦州から構成されている連邦国家であり、祝日も1つ(ドイツ統一記念日:10月3日)だけ連邦法が指定するもので、それ以外の祝日はこれら州がそれぞれ制定しているという事情があります。とはいえ、ほとんどの州の祝日は共通となります。

宗教は人口の6割近くがキリスト教となるため、祝日の構成についてもほとんどがキリスト教由来のものとなります。3割がカトリック、3割がプロテスタント(ドイツ福音主義教会)となり、イスラム教徒も0.5割程度となりますが、カトリック信者の多い州だけ、あるいはプロテスタント信者の多い州だけに適用される祝日が存在するため、州によって祝日が異なるという事情があります。

また慣例的に、連邦州の正式な祝日ではありませんが、12月24日(Heiliger Abend)と12月31日(Silvester)は休みにする企業が大半となりますので、この辺りは取引先の稼働日・操業カレンダーを入手して確認したほうがよいでしょう。

なお、「日曜は安息日」というキリスト教的な考えが浸透していることもあり日曜や祝日は日本と異なり商店やデパートに至るまで閉まってしまうという徹底ぶりで、法令にも制約がありますので祝日に連絡を取るということは非常識かつ極めて難しいということを念頭に置いておく必要があります。

ドイツにおける有給休暇制度

ドイツの祝日構成をみると、連邦州ごとに違いはあるといっても、他国に比べて祝日の日数自体は多くなく、振替休日がないことも踏まえるとむしろ少ないといってもよいかもしれません。にもかかわらず、ドイツ人は休みを大切にしており、決して休みが少ないという印象がしないのは有給休暇制度の使い方にも理由があります。

法律上、週5日勤務の場合、年間有給休暇付与は最低20日、週6日勤務の場合は最低24日の付与となります。6カ月以上勤務することで自動的に発生します。とはいえ、これは最低ラインであり、実態としては年間の有給休暇付与日数は30日程度という企業が多いのが実情です。

これは世界的に見ても多い部類の上、有給取得率や消化率は90〜100%に近い企業が多いという実情を踏まえると、祝日と有給休暇30日をすべて消化して組み合わせると考えれば、休みは決して少なくないということが言えます。

さらに、ドイツの場合、病欠は有給休暇日数から差し引かれないというルールがあり、6週間までは会社が給与を保障することになっていますので、有給休暇は純粋に余暇や休むためだけに使うことができます。

貿易上、欧州の玄関口の一つ

世界4位の名目GDPを持つEU圏随一の経済大国でもあり、工業国でもあります。日本にとってヨーロッパ最大の貿易相手国であり、輸出入はそれぞれ世界第3位の規模を持つ国です。

ドイツには欧州の海上輸送の玄関ともなるハンブルク港や航空の玄関ともいえるドイツ最大規模の国際空港となるフランクフルト空港があります。

ハンブルク港は、ロッテルダム港、アントワープ港に次ぐ欧州第3位のコンテナ取扱量をほこる港です。フランクフルト空港は世界における代表的なハブ空港のひとつに数えられ、ドイツのフラッグ・キャリアであるルフトハンザドイツ航空がメインハブ空港として使用していることでも知られます。欧州の玄関口としていったんドイツに貨物が入り、そこから各国へ輸送するという形態のルートをとることも多々あります。

ドイツでの通関が必要な場合、同国の祝日の影響を受けるのでカレンダーに注意する必要がありますが、祝日が比較的少なく、有給休暇で休みを補填する傾向があることから、貿易上は有利ともいえます。

ただし州によって休みが異なることから、海上輸送のハンブルク港はハンブルクの連邦州カレンダーを、空輸のフランクフルト国際空港はヘッセン州のカレンダーを参照する必要があります。

ドイツの2022年祝日カレンダー

振替休日の制度がないため、土日にかかる場合でも、平日は休みにならない特徴があります。またすべての日曜自体が祝日と設定されています。

クリスマスは1日目と2日目の合計2日間が毎年休みになります。通常、12月24日も休みとする組織が多いため、クリスマス前後は長期連休を取得するケースも多くみられます。

なお、各州で祝日が異なるため、下記のカレンダーは海上輸送の玄関口となるハンブルクのものとなります。他の連邦州や都市州についてはページ末尾の連邦州ごとの祝日早見表を活用ください。

ドイツの2022年祝日カレンダー

2022年ドイツの祝日の数と一覧(連邦州ごと)

下表がドイツの祝日一覧表とその内容となります。すべての州に共通の祝日と、特定の州のみに適用されるものとがあります。下部に連邦州ごとの休日早見表をつけました。

ドイツの2022年祝日一覧
祝日 現地の英語名称 日本語 特記事項
1月1日 New Year's Day 新年 ドイツ全土。グレゴリオ暦における新年。公式の祝日ではないが前日の大晦日も休む企業や組織が多い。
1月6日 Epiphany 三王来朝 バイエルン、バーデン・ヴュルテンベルク、ザクセン・アンハルト州。キリスト生誕に際し、東方三博士の礼拝・祝福したことに因む祝祭日。
3月8日 Women's Day 国際女性デー ベルリン州。1904年の婦人参政権を求めたデモが起源。女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備するよう、加盟国に対し呼びかける日。
4月15日 Good Friday 復活祭聖金曜日 ドイツ全土。復活祭の前の金曜日。キリストの受難と死を記念する日。
4月17日 Easter Sunday 復活祭 ドイツ全土。十字架にかけられて死んだイエス・キリストが復活したことを記念する祝祭日。
4月18日 Easter Monday 復活祭月曜日 ドイツ全土。復活祭翌日の月曜日。多くのキリスト教文化圏での祝日となっている。
5月1日 Labour Day メーデー ドイツ全土。労働の日。
5月26日 Ascension Day キリスト昇天祭 ドイツ全土。復活したイエス・キリストが天にあげられたことを記念する祝祭日。復活祭後40日目に祝われるため、イースターの日付を基準に毎年変わる。
6月5日 Whit Sunday 聖霊降臨祭 ドイツ全土。ペンテコステともいう。イエス・キリストの復活・昇天後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事を記念する日。
6月6日 Whit Monday 聖霊降臨祭月曜日 ドイツ全土。イースターの日付を基準に決まる。
7月16日 Corpus Christi 聖体祭 バイエルン、バーデン・ヴュルテンベルク、ヘッセン、ノルトライン・ヴェストファーレン、ラインラント・プファルツ、ザールラント州。カトリックの祝祭日。聖体の祝日とも言われ、最後の晩餐における聖体の秘蹟が結び付けられた儀式。
8月15日 Assumption Day マリア昇天祭 バイエルン、ザールラント州。カトリックの祝祭日。聖母の被昇天。聖母マリアがその人生の終わりに、肉体と霊魂を伴って天国にあげられたという信仰に基づく。
10月3日 German Unity Day ドイツ統一記念日 ドイツ全土。1990年10月3日に冷戦下の東西ドイツが再統一したことを祝う。ベルリンの壁が崩壊した日とは別。
10月31日 Reformation Day 宗教改革記念日 ブランデンブルク、ブレーメン、ハンブルク、メクレンブルク・フォアポンメルン、ニーダーザクセン、ザクセン、ザクセン・アンハルト、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン、チューリンゲン州。ルターが宗教改革を始めたことを記念する日。プロテスタントの祝祭日。
11月1日 All Saints' Day 万世節 バイエルン、バーデン・ヴュルテンベルク、ノルトライン・ヴェストファーレン、ラインラント・プファルツ、ザールラント州。カトリックの祝祭日。全ての聖人と殉教者を記念する日。
11月16日 Repentance Day 贖罪の日 ザクセン州。プロテスタントの祝祭日。悔い改めと祈りの日を祝う。
11月20日 World Children's Day 世界こどもの日 テューリンゲン州。子どもの成長を祝う。1954年に国連総会で制定された。
12月25日 Christmas Day クリスマス第1日 ドイツ全土。キリスト生誕を祝う。
12月26日 Second Day of Christmas クリスマス第2日 ドイツ全土。振替休日ではなく、クリスマスの翌日を祝日とする。

下表に連邦州ごとの祝日を早見表形式にまとめました。連邦州のうち、首都のベルリン、ハンブルク、ブレーメンは都市州と呼ばれ、都市自体がひとつの連邦州として扱われる特殊な行政区になっています。

ドイツの2022年祝日の一覧(州の祝日)
祝日 日本語 現地の名称 ベルリン ブレーメン ハンブルク バーデン・ヴュルテンベルク州 バイエルン州 ブランデンブルク州 ヘッセン州 メクレンブルク・フォアポンメルン州 ニーダーザクセン州 ノルトライン・ヴェストファーレン州 ラインラント・プファルツ州 ザールラント州 ザクセン州 ザクセン・アンハルト州 シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州 テューリンゲン州
1月1日 新年 Neujahrstag
1月16日 三王来朝 Heilige Drei Konige - - - - - - - - - - - - -
3月8日 国際女性デー Internationaler Frauentag - - - - - - - - - - - - - - -
4月15日 復活祭聖金曜日 Karfreitag
4月17日 復活祭 Ostersonntag
4月18日 復活祭月曜日 Ostermontag
5月1日 メーデー Tag der Arbeit
5月26日 キリスト昇天祭 Christi Himmelfahrt
6月5日 聖霊降臨祭 Pfingsten
6月6日 聖霊降臨祭月曜日 Pfingstmontag
7月16日 聖体祭 Fronleichnam - - - - - - - - - -
8月15日 マリア昇天祭 Maria Himmelfahrt - - - - - - - - - - - - - -
10月3日 ドイツ統一記念日 Tag der Deutschen Einheit
10月31日 宗教改革記念日 Reformationstag - - - - - - -
11月1日 万世節 Allerheiligen - - - - - - - - - - -
11月16日 贖罪の日 Bus- und Bettag - - - - - - - - - - - - - - -
11月20日 世界こどもの日 Weltkindertag - - - - - - - - - - - - - - -
12月25日 クリスマス第1日 1. Weihnachtstag
12月26日 クリスマス第2日 2. Weihnachtstag

スポンサーリンク

>「ドイツの祝日カレンダー|2022年ドイツの祝日・休日一覧」の先頭へ

ドイツの祝日カレンダー|2022年ドイツの祝日・休日一覧の関連記事