炭素鋼鋳鋼品(SC材)の用途、機械的性質、成分の一覧

2010年8月14日更新

炭素鋼鋳鋼品(SC材)とは、その名が示すとおり、炭素鋼を鋳物にしたもので、鋳鉄に比べて強靭で溶接もできるなどの特性を持つ材料です。普通鋳鋼品に分類されます。研削や切削の加工では実現が難しいもしくは時間がかかるものなどは、型に鋼を流し込んでいく鋳造を用いたほうが効率的ですが、その中でも特に強度が必要な場合に鋳鋼が使われます。鋳鉄品では強度が足りない場合で、複雑な形状を持つ場合に、鋳鋼品が用いられるケースが多いといえます。ただ、鋳鋼品全般について言えば、鋳鉄よりも融点が高く(凡そ1550℃以上)、収縮が大きいために起きる「ひけ巣(空洞状の欠陥。厚い内壁を持つ)」等のため、鋳造性は悪くなります。JISではSC360、SC410、SC450、SC480の4種類について規定があります。

なお、この鋼材は加工が難しい場合に使用が検討される材料のため、研磨や研削とは直接的には関係しませんが、ご参考までに。

鋳鋼品としては、以下に分類できます。

鋳鋼品 普通鋳鋼品 SC、SCW
構造用炭素鋼・低合金鋳鋼 SCC, SCMn, SCMn, SCMnCr, SCCrM
高合金鋳鋼 SCS, SCH, SCMnH
その他 -

上記のうち、普通鋳鋼品の利用が最も多くなります。なお、鋳鋼品は、鋳造組織を微細均質化するなどして機械的性質を改善するため、焼きなまし、焼きならし、焼き戻しなどの熱処理を行うのが一般的です。

研磨・研削をする場合、炭素鋼鋳鋼品(SC)には研削砥石ならばWA系のものが使われます。素のままであれば鋳鋼品のほうが一般の炭素鋼より硬度がありますのでCBNホイールを使っての高能率研削も選択肢の一つです。

「JIS G 5101 炭素鋼鋳鋼品」に規定のある材料記号

スポンサーリンク

>このページ「炭素鋼鋳鋼品(SC材)の用途、機械的性質、成分の一覧」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る

炭素鋼鋳鋼品(SC材)についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集