めっき技能士(電気めっき作業)について

2010年11月7日更新

電気めっきとは表面処理加工の一つで、対象となる物体の表面に金属膜をつける技術です。電解溶液の入った槽の中に、めっきを付けようとする物を入れ、電極をつないで対象に電気を通すことで表面に金属めっきが析出していきます。利点としては、液槽のサイズに様々なものがあり、量産から少量まで多彩な生産規模に対応でき、高い密着力のある点が挙げられます。欠点としては、形状により膜厚の制御が難しい場合があります。用途は、工業用、装飾用など幅広いものがあります。

平成22年(2010年)めっき技能士(電気めっき作業)技能検定概要

 
等級 1級
実技内容 (1)鋼板にニッケル・クロムめっきをする。
(2)鋼板に亜鉛めっき・クロメート処理を行う。
(3)不調めっき液を分析調整し、ハルセルテストを行う。
試験時間 2時間40分
 
等級 2級
実技内容 (1)鋼板にニッケル・クロムめっきをする。
(2)鋼板に亜鉛めっき・クロメート処理を行う。
(3)酸及びアルカリの中和滴定を行う。
試験時間 1時間55分
         

スポンサーリンク

>このページ「めっき技能士(電気めっき作業)について」の先頭へ

資格一覧へ戻る

めっき技能士(電気めっき作業)の関連リンク、体験談

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集