断続研削とは

2012年12月16日更新

加工対象であるワークに、リーマやドリル、エンドミルなどで溝や穴などがあらかじめついていることがあります。こうしたワークの研削を、断続研削ということがあります。

表面がミクロレベルで凹凸になっているだけの通常のワークと違い、溝や穴のあるワークをそのまま上から削っていくわけですが、穴の縁や溝の角・縁によって砥石の通過時に衝撃を受けるため、砥石の損耗が早くなる傾向があります。もちろん、溝の大きさやその数にもよります。このタイプのワークに対しては、砥粒の脱落である目こぼれも置きやすいことから、通常の面だけのワークに比べて研削能率が下がってしまいます。ワークの硬度が高いものであれば尚更損耗が強くなり、仕上げ面の表面粗さにも悪影響を及ぼすことがあります。

あらかじめこうした断続研削になることが分かっている場合は、砥石の仕様を調整した方がよいケースもあります。例えば、結合度を1段階〜3段階程度あげることで砥石の硬度そのものを硬くしたり、研削砥石であれば組織も1、2段階緻密なものを使うなどの方法が有効です。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

断続研削の関連用語

トラバース研削
円筒研削

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集