カーブジェネレータ(CGホイール)

2010年6月26日更新

レンズの研削工程で、凹凸を作り出すのに使われるダイヤモンドホイールの一つです。カーブゼネレータ、CGホイールとも言われます。凸レンズ、凹レンズともに使われます。カップ型の形状をしており、加工物である光学ガラスに斜め方向から傾けて当てて使われます。角度を変えることで、あらゆる曲率をもつレンズの製作が可能で、球面研削盤に取り付けられて使われます。一般にはレンズの直径の3分の2程度の外径のものが使われるとされます。

メタルボンドのうち、電着を用いたものが多く、これは砥石の形状が維持されることとも関係しています。電着は台金の上に、ダイヤモンド砥粒の層が1層(数ミクロン〜数百ミクロン)しかないため、台金の形状の精度が出ていれば、型崩れを気にすることなく使うことができます。電着層が磨耗したら、剥離して再電着することで何度も使えます。

切れ味や面粗さを気にする場合は、レジンも使われますが、ホイールタイプの砥石が使われるのはあくまで粗工程のみです。レンズ表面や光学部品表面の仕上げ研磨は、スラリーなどを用いたラッピングや研磨皿を使った職人技で成り立っています。

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集