超硬の研磨もしくは研削にはどんな砥石や工具が向いていますか。

2011年3月8日更新

超硬は別名「超硬合金」ともいい、粉末状態になっている炭化タングステンやコバルトなどの焼き固めたもので、重量とともに非常に硬い素材として知られます。研削砥石などの一般砥粒系を使うのであれば、炭化ケイ素系の砥粒を用いたGC砥石などが適しています。

ただ超硬はグレードや加工内容にもよりますが、砥石を大きく損耗させる材料のため、ダイヤモンド砥粒を用いたダイヤモンドホイールでの加工が一般的になっています。粉末を焼結して作られている素材で、金属よりも硬いのでどちらかというとガラスなどの硬脆材料に近い印象です。

砥石のボンドについては、レジンやメタルがよく使われますが、ダイヤモンド焼結体との同時研削や工具の再研磨などではビトリファイドボンドが採用されることもあります。レジンボンドを使ったダイヤモンド砥石であれば、どちらかといえば切れ味を重視した加工や仕上げ工程での面精度向上などに寄与します。メタルであれば、砥石の損耗を低減させ、ライフ、いわゆる砥石の寿命面で寄与します。

ダイヤモンドの量ですが、超硬の加工用の砥石の場合、おおむね集中度100(体積の25%がダイヤモンド)前後のものが多く使われているようです。研削・研磨する上では「硬さ」が問題となる材料ですが、一部の金属のような難易度はないと言われています。まずは切れ味を重視したレジンで試すのが無難といえます。購入した超硬材は、粗工程では140番程度が良く使われますが、納入された材料の表面状態によっても変わります。

スポンサーリンク

>超硬の研磨もしくは研削に向いた砥石や工具についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

超硬の研磨もしくは研削に向いた砥石や工具についての関連記事とリンク

超硬研削・研磨用の砥石の特徴について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集