研磨パッドの外周と内周のどちらを使った方が効率的ですか

2012年12月16日更新

研削砥石のように、円盤状の砥石を「立て」て円周側面を使うタイプの砥石は、外径の大きさが研磨・研削の結果に影響を与えることが知られていますが、これは回転数が同じならば外径の大きさとともに周速度が大きくなることと関係しています。

では、手に持って使うハンドポリッシャーや電動ポリッシャー、グラインダーなどのパワーツールで使う研磨パッドではどうでしょうか。

研磨パッドは、砥石を縦に使うのではなく、円盤の面を使って表面を削ったり、磨いたりすることに使う工具で、ダイヤモンドパッドなどがよく知られています。

研磨パッドは直径が手のひらに収まる程度のものが多いため、あまり違いがわかりにくいですが、削る力が強いのはやはり中心部から遠い外側になります。ただ、研磨パッドを使う加工の多くは、削る作業だけでなく、磨く系統のものもあります。この場合は、均等にむらなく、所定の面粗さを得る必要があり、パッドの通ったツールマークや段差などが出来ないような加工が求められます。

このとき、加工対象となるワークが「平面」なのか、「曲面」なのかによって使うべき部位が変わってきます。

曲面なら、パッドの外周ギリギリを使うのはあまり望ましいことではなく、最も外側から少し内側に入った部分を使うのが定石です。

一方、平面ならばパッドの全面がぴったりと当たっているのが理想ですが、ポリッシャーに付ける研磨パッドの多くは、フレキシブルパッドといってパッドが曲げられるほど軟らかくできているため、パッド面とワークを平行にあてていても、力のかかり方にムラが出てしまうこともあります。

スポンサーリンク

>「研磨パッドの外周と内周のどちらを使った方が効率的ですか」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「研磨パッドの外周と内周のどちらを使った方が効率的ですか」についての関連記事とリンク

ダイヤモンドパッドの用途や使い方
ダイヤモンド砥石の外径や幅、厚みはどのように決めればよいですか?

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集