光沢度にJIS規格はありますか

2010年7月2日更新

JISによる光沢の定義は、「表面の選択的な方向特性によって、物体の明るい反射がその表面に写り込んで見える見え方」となっています。光沢度はこれを数値化したものです。

物体の表面の光沢度にかかわるJIS規格としては、鏡面光沢度-測定方法(JIS Z 8741-1997)があります。実際に対象の光沢を計測する場合は、出てきた数値だけでなく、使用した計測装置のメーカー名や型式もあわせて記載しておくことが望ましいとされます。

JIS規格における鏡面光沢度の基準では、「屈折率が可視波長範囲全域にわたって、一定値1.567であるガラス表面において、規定された入射角θでの鏡面光沢度を基準とし、この値を100%として表す」となっています。この前提となる基準がメーカーによって異なることがありますので、数字だけではなく使った装置メーカーまで記載しておくのが一般的です。また数値の丸め方についてはJIS Z 8401に規定があります。

他にも光沢度にかかわるJISの一例として、下記のものがあります。

  • JIS P 8142 紙及び板紙−75度鏡面光沢度の測定方法
  • JIS K 5101-5-3:2004 顔料試験方法―第5部:分散性の評価方法―第3節:光沢の変化による評価

【参考】JIS Z 8741-1997 鏡面光沢度−測定方法:用語定義

  • 鏡面反射:鏡の面での反射のように反射の法則に従う光の反射。
  • 拡散反射:鏡面反射を除いた拡散的な光の反射。
  • 鏡面反射率:鏡面反射において反射放射束(又は、反射光束)の、入射放射束(又は、入射光束)に対する比。
  • 鏡面光沢:主として鏡面反射光の強さによって定められる視知覚の属性。
  • 鏡面光沢度:鏡面光沢の度合いを測定して、数値で表したもの。
  • 受光角:受光系の光軸と試料面の法線とがなす角。
    

スポンサーリンク

>「光沢度のJIS規格について」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

光沢度のJIS規格についての関連記事とリンク

光沢度:用語解説、意味

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集