SWM-Iの規格|SWM-Iの強度 線径、成分、比重など

2014年3月13日更新

SWM-Iは鉄線の一種で、軟鋼線材を材料に冷間加工したものです。コンクリートの補強用として主に使われる、コンクリート用鉄線のうちインデント線と呼ばれる部類になります。

線径の範囲は4.0mm以上16.0mm以下となり、鉄線のサイズの範囲としては、釘用に次いで狭い範囲となります。

インデント線とは、リブ線とは反対にワイヤーの表面に「くぼみ」を二列以上配置したもので、コンクリートの内部に用いると凹みによって周囲のコンクリートとの機械的な付着力を高め、インデント線がコンクリートから抜けづらくする効果を持ちます。補強対象となるコンクリート製品や施工状況等によりインデント線とリブ線を適宜使い分けることになります。

機械的強度についてはSWM-Rとして規定されているリブ線との違いはなく、線表面につけられている形状(突起か、溝か)の違いとなります。

SWM-Iの成分

軟鋼線材であるSWRM材を材料として用いている為、成分についてはこれに準じたものとなりますが、鉄線そのものには成分規定がありません。

SWM-Iの比重

熱間圧延鋼材を冷間加工したものがベースになっている為、他の鉄鋼系材料と比重については大きく変わらず、7.8前後になるものと推定されます。

SWM-Iの線径

鉄線の線径については規格により定められています。

SWM-Iの強度、機械的性質について

SWM-Iの機械的性質|引張強さ
公称線径
【mm】
SWM-I
降伏点、0.2%耐力
N/mm2
引張強さ
N/mm2
伸び(単位:%)
0.10以上1.30未満 - - -
1.30以上1.80未満
1.80
2.00
2.30
2.60
2.90
3.20
3.50
4.00 440以上 540以上 8以上
4.50
5.00
5.50
6.00
6.50
7.00
7.50
7.50を超え16.00以下
16.00を超え18.00以下

「JIS G 3532 鉄線」に規定のある材料記号

スポンサーリンク

>このページ「SWM-Iの規格|SWM-Iの強度 線径、成分、比重など」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
鉄線の規格|鉄線の一覧へ戻る

SWM-Iの規格|SWM-Iの強度 線径、成分、比重などの関連記事とリンク

SWCH(冷間圧造用炭素鋼線)の材質、機械的性質、成分について
軟鋼線材の規格|SWRM材の成分・材質、特性について
硬鋼線(SW-A、SW-B、SW-C)、硬鋼線材(SWRH材)
ピアノ線(SWP-A、SWP-B、SWP-V)とピアノ線材(SWRS材)
炭素鋼と合金鋼の違いと使い分け
軟鋼
金属の疲労強度、耐疲労性
金属の靱性、ねばり強さ(靭り強さ、粘り強さ)
冷間加工と熱間加工の違い
鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレス、鋳鉄、超硬の熱膨張係数
金属の熱伝導率の一覧表
鉄鋼材料、鉄、炭素鋼、工具鋼の比重
鉄鋼、炭素鋼、鋳鉄、純鉄、ステンレスの熱伝導率
鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレス、ハイスの比熱
鉄鋼、鉄、炭素鋼、ステンレスの電気抵抗
金属単体の比重、密度の一覧表
金属の融点、沸点の一覧表
金属の熱伝導率の一覧表
金属材料の硬度の一覧と比較
合金元素の果たす役割

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集