合金工具鋼鋼材(SKS SKD SKT)の用途、機械的性質、成分の一覧

2010年8月26日更新

SK材をベースにした合金工具鋼

SK材に、W、Cr、Mo、Vなどを添加し、耐摩耗性、耐衝撃性、不変形性、耐熱性などを付与したタイプの鋼材で、切削工具用、耐衝撃工具用、冷間金型用、熱間金型用鋼材の4種類があります。各々の用途や特徴は以下の通りです。

切削工具用

焼入れ硬度が大きく、切削工具にむいた鋼材です。SKS2はタップ、カッターや抜き型に、SKS5は丸のこ、帯のこ類、SKS7はハクソー、SKS8は刃やすりに用いられます。

耐衝撃工具用

その名が示す通り、衝撃に強く、たがね、ポンチ、スナップなどに適しているとされます。冷間鍛造用工具として、表面に浸炭焼入れして用いることもあります。

冷間金型用

焼入れ後の変形が少なく、耐摩耗性の大きい鋼種です。

熱間金型用鋼材

上記とは反対に熱間で使う鋼種です。加熱や冷却の熱ショック(ヒートショック)に強いので、熱による亀裂が発生しにくい特徴があります。熱間ダイス、熱間切断刃、ダイカスト用ダイス、ダイブロックなどに使われます。

工具鋼であるSK材をベースにしたダイス鋼などの合金鋼は、用途からも想像がつく通り、かなり硬度があり摩耗性に優れた素材のため、研磨・研削などの加工をする場合には時間がかかります。一般には、WA系の研削砥石か、CBNホイールが使われます。ダイヤモンドホイールを用いた加工も、CBNがあまり一般的でなかった時代には一部行われていましたが、ダイヤモンドの磨滅がはやく、工具鋼も鉄鋼材料のため、今はほとんどがCBN砥粒による加工です。

なお、研削のしづらさという視点で見ると、ダイス鋼(SKD)はかなり研削しにくい素材と言えます。

「JIS G 4404:2006 合金工具鋼鋼材」に規定のある材料記号

合金工具鋼鋼材(SKS SKD SKT)材料記号のJIS規格とISOの対照表
JIS ISO 主な用途
SKS11 - 切削工具鋼
SKS2 -
SKS21 -
SKS5 -
SKS51 -
SKS7 -
SKS81 -
SKS8 -
SKS4 - 耐衝撃工具鋼
SKS41 -
SKS43 105V
SKS44 -
SKS3 - 冷間金型用
SKS31 -
SKS93 -
SKS94 -
SKS95 -
SKD1 X210Cr12
SKD2 X210CrW12
SKD10 X153CrMoV12
SKD11 -
SKD12 X100CrMoV5
SKD4 - 熱間金型用
SKD5 X30WCrV9-3
SKD6 -
SKD61 X40CrMoV5-1
SKD62 X35CrWMoV5
SKD7 32CrMoV12-28
SKD8 38CrCoWV18-17-17
SKT3 -
SKT4 55NiCrMoV7
SKT6 45NiCrMo16

合金工具鋼材(SKS、SKD、SKT)の材料記号の変遷:JISの新旧対照表

新旧対照表:新JIS G 4404:2006、旧JIS G 4402SKS、旧JIS G 4407SKD
2000年 1983年 1972年 1956年 1954年 1951年
- 廃止 SKS1 SKS1 SKS1 SKS1
SKS11 SKS11 SKS11 SKS11 - -
SKS2 SKS2 SKS2 SKS2 SKS2 SKS2
SKS21 SKS21 SKS21 SKS21 - -
SKS5 SKS5 SKS5 SKS5 SKS5A SKS5A
SKS51 SKS51 SKS51 SKS51 SKS5B SKS5B
SKS7 SKS7 SKS7 SKS7 SKS7 SKS7
SKS81 - - - - -
SKS8 SKS8 SKS8 SKS8 SKS8 -
SKS4 SKS4 SKS4 SKS4 SKS4 SKS4
SKS41 SKS41 SKS41 SKS41 - -
- 廃止 SKS42 SKS42 - -
SKS43 SKS43 SKS43 SKS43 - -
SKS44 SKS44 SKS44 SKS44 - -
SKS3 SKS3 SKS3 SKS3 SKS3 SKS3
SKS31 SKS31 SKS31 SKS31 - -
SKS93 SKS93 SKS93 - - -
SKS94 SKS94 SKS94 - - -
SKS95 SKS95 SKS95 - - -
SKD1 SKD1 SKD1 SKD1 SKD1 SKD1
SKD11 SKD11 SKD11 SKD11 - -
SKD12 SKD12 SKD12 SKD12 - -
SKD2 廃止 SKD2 SKD2 SKD2 SKD2
SKD4 SKD4 SKD4 SKD4 SKD4 -
SKD5 SKD5 SKD5 SKD5 SKD5 -
SKD6 SKD6 SKD6 SKD6 - -
SKD61 SKD61 SKD61 SKD61 - -
SKD62 SKD62 SKD62 - - -
SKD7 SKD7 - - - -
SKD8 SKD8 - - - -
SKD10 - - - - -
- - - SKT1 - -
- 廃止 SKT2 SKT2 - -
SKT3 SKT3 SKT3 SKT3 - -
SKT4 SKT4 SKT4 SKT4 - -
- 廃止 SKT5 SKT5 - -
SKT6 廃止 SKT6 SKT6 SKS6 SKS6
- - - - SKD3 SKD3

スポンサーリンク

>このページ「合金工具鋼鋼材(SKS SKD SKT)の用途、機械的性質、成分の一覧」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る

合金工具鋼鋼材(SKS SKD SKT)についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集