ゴムの引張強度|温度によるゴムの引張強さの変化

2014年4月26日更新

ゴムが破断するまでの負荷がどれくらいかを見る引張強さは、室温での計測時と高温環境や低温環境では異なる結果となります。ゴムの場合、ダンベル型もしくはリング型の試験片を用いて、実際に千切れるまでの強さを見ます。

ゴムは他の工業材料に比べ、熱に弱い性質を持つため、温度が高いほどに強度は弱くなる傾向があります。

ゴムとしての性質を付与するための工程でもある、加硫(架橋)の直後はおおよそ150℃を超える温度となるため、ゴム自体の引張強さというのは常温時の10%前後となります。100℃前後に温度が下がってきて、ようやく常温の半分程度の引張強度を得ることになります。こうした点は、ゴムやゴム製品の製造時における取り扱いの際にも考慮する必要があります。

ゴムの引張強さと温度の関係
ゴムの種類 ゴムの記号 引張強さ(室温)MPa 引張強さ(121℃)MPa 引張強さ(205℃)MPa
天然ゴム NR 18.6 10.1 0.9
スチレンブタジエンゴム SBR 15.7 8.3 1.2
ニトリルゴム NBR 15.2 4.0 0.9
ブチルゴム IIR 16.7 6.9 2.5
クロロプレンゴム CR 12.9 9.8 1.0
クロロスルホン化ポリエチレンゴム CSM 15.3 6.4 2.5
アクリルゴム ACM 11.8 5.9 1.6
シリコーンゴム VMQ 6.4 3.5 2.4
フッ素ゴム FKM 14.2 5.4 2.0

ゴムの種類と一覧

スポンサーリンク

>このページ「ゴムの引張強度|温度によるゴムの引張強さの変化」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る

ゴムの引張強度|温度によるゴムの引張強さの変化についての関連記事とリンク

ゴムの記号と略号の一覧
ゴムの硬度の一覧
ゴムのSP値の一覧
ゴムの比重
ゴムの耐熱温度
ゴムの耐寒性と耐寒温度の限界
ゴムの耐候性と耐オゾン性
ゴムの加硫とは
ゴムの摩擦係数
ゴムの耐磨耗性
熱可塑性エラストマー(TPE)の物性と種類
ゴムの電気抵抗率、体積固有抵抗、比誘電率
樹脂などのフィラーの種類と特性、役割
デュロメーターのメーカーの一覧

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集