御影石の耐熱性、耐火性

2012年12月24日更新

花こう岩である御影石は、他の工業材料に比べると耐火性能に優れる部類ですが、600℃を超えると強度が著しく低下することが知られています。特に、石材の強みである圧縮強度が低下するため、炎に包まれてしまうと強度を維持できなくなります。

昨今では構造材料、建築材料としてのほか、内装材やタイルとしても使われますが、「石」のイメージから連想される火にはめっぽう強いという像から実態は少々異なります。また冷害にもあまり強いほうではなく、表面にある無数の空孔から侵入した水分が凍結することで変形やクラックなどを引き起こすことがあります。

高温環境で強度が低下する現象は、御影石の種類に関係なく、おおむねほとんどの御影石で共通する性質で、どれも耐熱性が600℃前後までとなります。1000℃を超えると、常温の圧縮強度の4分の1以下の強度となります。組織の粗い御影石、つまり吸水率の高いものほど余計に強度の低下は激しくなります。

一方、砂岩や凝灰岩など強度面では御影石に劣る石材は1000℃以上の高温下でも圧縮強度は低下しないことが知られています。安山岩も耐熱、耐火性には強い石材です。

スポンサーリンク

>このページ「御影石の耐熱性、耐火性」の先頭へ

建築石材の種類の一覧
加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る

御影石の耐熱性、耐火性についての関連記事とリンク

石材の耐熱性と耐火性について
石材の比重
御影石の原石の産地
御影石と大理石の違い
御影石の吸水率
御影石の成分、組成はどうなっているか
御影石の比重
御影石にはどのようなコーティングがされているか
御影石の研磨について
御影石の種類
大理石の種類
御影石の加工、石材加工工具について
大理石の研磨について
石材の吸水率について
石材加工の方法
石材研磨工具のメーカー|リンク集
鉱物の硬度について
人造石仕上げとは
石材研磨工具の種類

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集