中庸熱ポルトランドセメントの成分、特徴について

2011年4月17日更新

硬化する際に発生する水和熱が小さく、乾燥収縮も小さいセメントで、多量の生コンを一度に打ち込んだりする際は、一気に発熱するため、これらの熱発生を抑える目的で使われるセメントです。マスコンクリートや遮蔽コンクリートに使われます。発熱量をできるだけ抑えるために、成分そのものを変えています。特に体積の大きな構造物、例えばダムなどにも使われます。硫酸塩との接触にも耐性のあるセメントです。

なお、JIS規格ではクリンカおよび石こうの合量が質量パーセントで100と定められています。

中庸熱ポルトランドセメントの成分、特性
  中庸熱ポルトランドセメント 中庸熱ポルトランドセメント(低アルカリ形)
密度(g/cm3) -
比表面積(cm2/g) 2500以上
凝結 始発(min) 60以上
終結(h) 10以下
安定性 パット法
ルシャテリエ法(mm) 10以下
圧縮強さ(N/mm2) 3d 7.5以上
7d 15.0以上
28d 32.5以上
91d -
水和熱(J/g) 7d 290以下
28d 340以下
化学成分(%) 酸化マグネシウム(MgO) 5.0以下
三酸化硫黄(SO3) 3.0以下
強熱減量 3.0以下
全アルカリ 0.75以下 0.60以下
塩化物イオン 0.02以下
鉱物組成(%) ケイ酸三カルシウム(3CaO・SiO2) 50以下
ケイ酸二カルシウム(2CaO・SiO2) -
アルミン酸三カルシウム(3CaO・Al2O3) 8以下

スポンサーリンク

>このページ「中庸熱ポルトランドセメントの成分、特徴について」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
「セメントの種類、成分、特徴について」へ戻る

中庸熱ポルトランドセメントの成分、特徴についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集