高炉セメント(A種、B種、C種)の成分、特徴について

2011年4月18日更新

クリンカ、石膏とともに混合材として高炉スラグを採用したセメントのことで、高炉スラグの比率によってA種(5を超え30%以下)、B種(30を超え60%以下)、C種(60を超え、70%以下)があります。一般には高炉セメントB種がよく使われ、特に土木のコンクリートで多用されます。ダムや港湾等の大型工事にもよく使われます。

高炉スラグとは、製鉄所の高炉から廃棄物として出るガラス質の物質で、水砕スラグともいいます。これは石灰やセメントと混合することで、水硬性を示す物質ですが、そのままでは水硬性を持ちません。それゆえ、潜在水硬性を持つという言い方をされます。このように高炉スラグには潜在水硬性があり、アルカリ刺激によって固まる特性があります。

高炉セメントは普通ポルトランドセメントに比べて初期強度は小さく、長期強度は同等程度にまでなります。一般に、4週間経てば普通ポルトランドセメントと同等以上の硬さになります。このように硬化に時間のかかるセメントであるため、養生期間を長めにとる必要があります。

また、このセメントはアルカリ骨材反応を抑制する効果があることが知られています。また硫酸塩などにも強い性質を持つことから、用途としては、海水や下水に触れる箇所や、マスコンクリート、熱を受ける可能性のあるコンクリートや土中、地下構造物のコンクリートに使われます。緻密な硬化体となるため、水を浸透させにくいという特質もあります。このため、水密性が求められる現場でも用いられます。

なお、詳しくは高炉セメントのJIS規格である「JIS R 5211」(2009)を参照ください。

高炉セメント(A種、B種、C種)の成分、圧縮強さ、比表面積、特性
  高炉セメントA種 高炉セメントB種 高炉セメントC種
密度(g/cm3) - - -
比表面積(cm2/g) 3000以上 3000以上 3300以上
凝結 始発(min) 60以上 60以上 60以上
終結(h) 10以下 10以下 10以下
安定性 パット法
ルシャテリエ法(mm) 10以下 10以下 10以下
圧縮強さ(N/mm2) 3d 12.5以上 10.0以上 7.5以上
7d 22.5以上 17.5以上 15.0以上
28d 42.5以上 42.5以上 40.0以上
化学成分(%) 酸化マグネシウム(MgO) 5.0以下 6.0以下 6.0以下
三酸化硫黄(SO3) 3.5以下 4.0以下 4.5以下
強熱減量 5.0以下 5.0以下 5.0以下

スポンサーリンク

>このページ「高炉セメント(A種、B種、C種)の成分、特徴について」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
「セメントの種類、成分、特徴について」へ戻る

高炉セメント(A種、B種、C種)の成分、特徴についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集