木質ボードの特徴と種類

2013年3月31日更新

木の小片、木っ端や繊維を接着させて固めたものを総称して木質ボードといいます。木材を使うときには、一般的に繊維がどちらの方向に走っているのかといった「向き」がとても重要になってきます。この違いにより、木材の強度や機械的性質が異なり、また曲げ加工が可能かどうかも決まってきます。

木質ボードは、基本的に木っ端や木屑を接着剤で固めたものであるため、素材は「樹木」と樹脂の混合品となり、木材固有の方向性がありません。このため、大判の木板にしても狂いが少ないものができるため、建材の用途としては幅広い需要があります。また加工のしやすさは木材とほぼ同等です。

具体的には、床や壁、下地などにも使われます。木材はどの樹木を選んでも、木そのものによる違いもあるため、同じ種類の樹木であっても機械的性質が完全に同じというわけにはいかず、工業材料に求められる安定性や均質性には難がありました。こうした木の持つ欠点(状況によってこれを利点に変えて使うことが木材の大きな特徴なのですが…)ともいえる方向性の問題を解消した材料といえます。とはいえ、木質ボードは小片が細かいほどに木材としての性質は弱まっていきます。強度面については改良された製品も出てきています。

なお、木質ボードすべてをパーティクルボードと呼ぶこともありますが、厳密には小片の大きさや繊維などによって使い分けられています。

パーティクルボード
木材や植物の小片を合成樹脂で接着したもの。チップボードともいいます。
ウエハーボード
小片系の木質系ボード。現在はOSBに取って代わられ、ほとんど市場には流通していない。
OSB(配向性削片板)
オリエンテッド・ストランド・ボードのこと。繊維方向に細長い木っ端を直交させたり、同じ方向にしたり、向きを意識して作られる配向性ボード、配向性ストランドボードのこと。パーティクルボードよりも材料として使う木のチップが大きく、薄い。
インシュレーションボード(IB)
低密度の繊維系の木質ボードで、ファイバーボードの一種。
MDF(中質繊維板)
パーティクルボードよりも細かい繊維片を接着させて作られている。ファイバーボードの一種。JIS A 5905に規格化されている。スピーカーのキャビネットや本棚、食器棚などの家具類の扉や背板、側板などに使われる。
ハードボード(HD)
MDFよりも高密度の繊維系木質ボード。

スポンサーリンク

>このページ「木質ボードの特徴と種類」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る

木質ボードの特徴と種類についての関連記事とリンク

集成材と合板の違い

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集