A7075(アルミニウム)の成分、特性、機械的性質、強度、耐力について

2010年12月4日更新

A7075は超々ジュラルミンとも呼ばれ、アルミ合金の中でもトップクラスの強度を持つ材料の一つです。強度はありますが、反面、応力腐食割れや耐食性については使用環境に留意する必要があります。こうしたウィークポイントを補った合わせ板として、表面にA7072を貼り付けて耐食性を改善したものがあります。航空機やスキーなどのスポーツ用品に使われる材料です。なお、加工性については強度に反比例して、アルミの中では悪いほうです。

A7075の成分

7000番台の番号が付いているアルミ合金には、Al-Zn-Mg-Cu系のものと、Al-Zn-Mg系があります。前者のほうが強度に優れ、後者は溶接性が良好です。

A7075(アルミニウム)の成分
合金番号 Si Fe Cu Mn Mg Cr Zn Ga, V, Ni, B, Zr等 Ti その他 Al
個々 合計
A7075 0.40以下 0.50以下 1.2から2.0 0.30以下 2.1から2.9 0.18から0.28 5.1から6.1 - 0.20以下 0.05以下 0.15以下 残部
A7075PC(アルミニウム合わせ板)の成分
合金番号 合わせ材 Si Fe Cu Mn Mg Cr Zn Ga, V, Ni, B, Zr等 Ti その他 Al
個々 合計
A7075PC(合わせ板) 心材 0.40以下 0.50以下 1.2から2.0 0.30以下 2.1から2.9 0.18から0.28 5.1から6.1 - 0.20以下 0.05以下 0.15以下 残部
皮材(7072) SiとFeの合計: 0.7以下 0.10以下 0.10以下 0.10以下 - 0.8から1.3 - - 0.05以下 0.15以下 残部

A7075の機械的性質(耐力、引張強さ、伸び、曲げ)

スポンサーリンク

>このページ「A7075(アルミニウム)の成分、特性、機械的性質、強度、耐力について」の先頭へ

加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る
アルミ合金の一覧へ戻る
アルミ合金-7000系の一覧へ戻る

A7075についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集