鍛造加熱温度の目視による測定

2012年11月12日更新

現在は性能のよい高温計や温度計があるため、加熱温度の推測が容易になりましたが、熱している金属そのものの温度が一体どれくらいなのかについては、目視による方法も依然有効です。

昔は砥石などでも乾式加工を行った際に飛び散る火花の色で、鋼材の種類を判定するということを出来る人がいたものですが、目測で鋼材の温度を推測するのもこれに似ているかもしれません。

鍛冶職人が熱した鋼材を叩いている様子を見たことがある人もいるかもしれませんが、このときの火色から凡その加熱温度を推し測ることができます。白色に近いほど温度は高く、明度の低い赤色ほど温度は低くなります。大雑把にいえば、温度が上がっていくと、濃い赤色から、明るい赤色に変わっていき、オレンジ色、明るいオレンジ色と続き、黄色、白っぽい黄色、白色となる順に高温であることがわかります。恒星の色による温度判定と同じ理屈です。

火の色から判別する鍛造温度の目安
火色 温度(℃)
暗赤色 566
暗桜実色 635
桜実赤色 746
淡赤色 840
橙色 899
淡橙色 941
黄色 996
淡黄色 1079
白色 1205

スポンサーリンク

>「鍛造加熱温度の目視による測定」についての先頭へ

「鍛造加熱温度の目視による測定」の関連記事

鍛造と鋳造の違い
冷間鍛造と熱間鍛造の違い
鍛造の加熱温度
鍛造用鋼材、鍛造に使う特殊鋼とは
鍛造用鋼材、鍛造に使う炭素鋼とは
鍛造の種類
鍛造のメリット、長所
鍛造機械のタイプ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集