ITOフィルムとは

2012年4月11日更新

ITOとは、Indium Tin Oxideの略で、日本語は酸化インジウムスズとなります。こうした名前の物質が存在するわけではなく、これは酸化インジウムと酸化スズを混合した物質になります。したがって、cas番号(cas number)で検索しても出てきません。

ITOは薄膜にした際に、透明でありながら電気を通すという性質を持つため、これをフィルムに用いたものがITOフィルムで、抵抗膜式のタッチパネルや透明電極としてディスプレイや光学系の用途で多用されています。

平たく言えば、iPhoneなどのタッチパネル部分に指で触れるとその部分の電気の流れが変わります。つまり、ディスプレイの内部にITO膜があることで、電気が通ったかどうかを感知することができます。これにより、「操作」が行うことが可能となります。

ITOの元となる原料はインジウムと呼ばれるレアメタルなのですが、これは亜鉛鉱山から採鉱されます。量が少ないだけでなく、投機対象ともなることがあり、以前に高騰により入手が困難になったことがあります。

なおITOフィルムの製造方法としては、真空蒸着やスパッタなどが良く使われます。

薄膜の特性【参考】

主として光学膜や機能膜として用いられる薄膜の代表的な特性、物性について紹介します。

酸化物の薄膜

フッ化物の薄膜

窒化膜

炭化膜

スポンサーリンク

>「ITOフィルムとは」の先頭へ

「成膜や薄膜、蒸着、スパッタのFAQ」の目次へ戻る

ITOフィルムの関連記事

透明導電膜とは
真空蒸着の原理
スパッタとは
受託成膜や成膜サービスを行っている企業の一覧
「めっき」を行っている企業の一覧
「溶射」を行っている企業の一覧
蒸着材料のメーカー一覧
スパッタリングターゲットのメーカー一覧
CVD材料のメーカー一覧

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集