天然砥石の使い方、保管方法について

2010年10月20日更新

廉価な人造砥石ではなく、あえて天然砥石、唯一無二の自分にあう砥石を使いたいという場合、研ぐ対象もどこにでもあるステンレス包丁という方は少ないかもしれません。料理人であったり、カスタムナイフなどの愛好家であったり、あるいは刀を研ぐ場合など、こだわりのある逸品に対して用いることが多いのが天然砥石です。

天然砥石の場合、この砥石そのものが蒐集対象となることもありますが、一般にも手に入る価格のものから、非常に高額なものまで範囲が広く、工業用の砥石とは価値観が異なる部分があります。

天然砥石で包丁を研ぐ場合、こちらのページにも紹介していますが、基本的には人造砥石と使い方に大きな差はありません。ただし、あたりがだいぶ違ったり、力の加減や取り扱いには違いが出てきますので、使いながら学んでいくとよいでしょう。

保管には注意が必要で、言ってみれば天然のやわらかい岩石ですので、気温差や湿気の有無、ちょっとした衝撃で割れてしまうことがあります。使い終わったら、水分を十分にふき取って、タオルなど布類で包んで保管するのがベストです。できれば水のかかる場所や急激な温度変化のある場所は避けて保管します。

スポンサーリンク

天然砥石の使い方についての関連記事とリンク

天然砥石の種類
天然砥石の選び方
天然砥石の面直し

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集