天然砥石の面直しについて

2010年10月20日更新

砥石はどのようなものであっても自身が損耗することで、対象を削っていくという性質を持つため、天然砥石であってもその例外にはなりません。使っているとどんどん凹みが出てきますし、人造砥石よりもやわらかいため、その進行度は速いと言えます。

工業用砥石では使っているうちに形が崩れてきたらツルーイング、目詰まりを起こして切れ味が低下してきたらドレッシングと呼ばれる作業を定期的に行いますが、天然砥石の場合も「面直し」といって砥面が凸凹になってきたらまた平坦に戻してやる作業を行います。

これには面直しが必要な天然砥石よりも少し粗い人造砥石を使います。包丁を研ぐ要領と同じで水をかけてから人造砥石を天然砥石にこすり合わせます。あまり長時間行ったり、強くやりすぎると一気に天然側のほうが減ってしまいますので、様子を見ながらやります。凹凸がひどい場合は、かなり粗めの人造砥石をこすり合わせて天然砥石の砥面をならしてから、もうワンランク細かい砥石で面をきれいに平坦にしていきますが、たいていは一種類の人造砥石でも問題ありません。

包丁を研ぐときに、刃物が砥石にあたる面、つまり砥面が平坦でないと正確な研ぎはできません。

スポンサーリンク

天然砥石の面直しについての関連記事とリンク

天然砥石の種類
天然砥石の選び方
天然砥石の使い方

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集