MSDS作成方法についてのまとめ

2012年5月1日更新

MSDSの記載事項や構成については、国際的な取り組みによって各国が足並みを揃えつつあります。日本も例外ではなく、国連勧告であるGHSのルールに沿った記載が推奨されています。MSDSは基本的には16章(16項目)で成り立っており、どの章(項目)に何を記載するのかも決まっています。ただ下記16項目以外についても記載してよいことになっており、16項目の名称も適宜変えても問題はありません。以前は、必要記載事項が書かれていれば、特に形式に沿っていなくともよいとなっていましたが、実際に実務上やり取りされるほとんどのMSDSはこのGHS勧告に則ったものになっています。作成の指針は適宜改訂が加えられています。

JIS Z 7253「GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法−ラベル,作業場内の表示及び安全データシート(SDS)」にもラベル記載事項のほか、MSDSへの記載項目についての詳細があります。ここでは要求事項と推奨事項との双方が記載されています。

  • 1.化学物質等および会社情報
  • 2.危険性有害性の要約
  • 3.組成・成分情報
  • 4.応急措置
  • 5.火災時の措置
  • 6.漏出時の措置
  • 7.取扱いおよび保管上の注意
  • 8.暴露防止および人に対する保護措置
  • 9.物理的および化学的性質
  • 10.安定性および反応性
  • 11.有害性情報
  • 12.環境影響情報
  • 13.廃棄上の注意
  • 14.輸送上の注意
  • 15.適用法令
  • 16.MSDSの作成と改訂に関する情報を含むその他の情報

>このページ「MSDS作成方法について」の先頭へ

スポンサーリンク

MSDS作成方法についての関連記事

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集