焼付硬化性鋼板とは

2013年2月2日更新

自動車用の鋼板として使われるタイプのもので、「加工性」と「強度」の両立をはかるために工夫された鋼板の一つ。通常、加工性がよいものは強度に難があり、例えば引張強さが強すぎればスプリングバックによって曲げ加工にも苦戦することになります。引張強度が高くなるほど成形性が悪化していきます。とはいえ、自動車用の鋼板の場合は、ほとんどの部分に一定以上の強度や衝撃耐性が求められます。

このため、焼付硬化性鋼板の発想としては、製造時、つまり自動車の部材への加工時には加工のしやすい状態で強度も不足しているが、完成したときには強度の強い状態になっているというコンセプトで開発されています。

具体的には鋼にもっとも影響する元素である「炭素」を、加工前の状態では固溶状態にしておきます。この状態からプレス加工を行うと、金属の持つ加工硬化の作用により、鋼板の硬度と強度が増します。ここから自動車への組み立てを行った際、加熱(焼付け)によって意図的に「ひずみ時効硬化」を生じさせ、プレス時よりもさらに硬い鋼板に仕上げていきます。このように焼付硬化は、製造工程のなかに鋼材を改質するための工程を組み込んでいます。

規格として焼付硬化による鋼板は、自動車用の冷間圧延高張力鋼板であるSPFC340Hがあります。

スポンサーリンク

>このページ「焼付硬化性鋼板とは」の先頭へ

焼付硬化性鋼板についての関連記事

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集