粉末ハイス鋼とは|溶解ハイスと粉末ハイスの違い

2013年8月1日更新

ハイス鋼とは、高速度工具鋼のことで、主に切削工具に使われる非常に硬い鉄鋼材料です。実用上、数ある鉄鋼材料の中では一番硬いといっても差し支えないかもしれません。

このハイス鋼にも、成分によっていくつかタイプが存在しますが、そうした区分とは別に、ハイスの製法という面で見ると、溶解ハイスと粉末ハイスという二つに分けることができます。

一般的に言うハイス鋼は、ほとんどが溶解ハイスとなります。これは通常の鉄鋼材料をはじめ、合金鋼や工具鋼を製造する要領と同じで、通常の鋼のように原料を電気炉などで溶解したものを形にしていき、圧延したものになります。金属組織を構成する結晶の粒径は比較的粗いものになりますが、鍛造や熱処理によりこれもある程度変わっていきます。

もう一方の粉末ハイスとは、この初期から作り方が異なっており、粉末冶金法によって製造されるハイス鋼です。型に元となる材料の粉をいれ、熱と圧力をかけながら焼結していきます。元となる材料は一度溶かしてあり、それをさらに微粉末にして焼き固めるという方法を取ることで、金属組織がより緻密で、結晶粒も小さいものになります。

結論を言えば、粉末ハイスのほうが強靭で、耐磨耗性に優れ、疲労に強い、靭性に富んだ鋼材となります。寿命も粉末ハイスのほうが溶解ハイスに比べて長くなります。JIS規格ではSKH40がこの粉末ハイスに相当する規格材です。

スポンサーリンク

>このページ「粉末ハイス鋼とは|溶解ハイスと粉末ハイスの違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集