順送型、単発型、トランスファー型の違い|プログレ、タンデム、トランスファーの金型比較

2016年5月29日更新

プレス加工には、大きく分けると単工程加工、トランスファー加工、順送加工(プログレ)の3つがあります。これらはプレスの加工法によって分けた場合のくくりといえますが、この各加工法で用いる型が、それぞれ単発型、順送型、トランスファー型となります。また実用上は単工程加工についてはタンデムと呼ばれる単工程加工を組み合わせたものが使われており、トランスファー、プログレ(順送加工)とあわせたこの三種はよく比較対象になります。自動車業界、自動車部品業界では見積もりの際に、これら加工手法の違いによって初期コスト、ランニングコストの違いが出てくることはよく知られています。VAによるコスト低減を行う場合にもこうした加工手法の違いによってコストを落とす検討は実際よく行われます。

なお、厳密には、単工程加工では単発型だけでなく複合型も使われますが、以下にそれぞれの型の違いを見ていきます。

プログレ型、タンデム型、トランスファー型の違い

順送型(プログレ型)

英語ではprogressive dieとなります。通常、プレスの型は、行う工程にあわせて作られています。板状の材料から必要な形状の部品を切り取る作業となる「打ち抜き」、「穴あけ」、板材を直線や曲線に沿って切断する「せん断」、「縁取り」、「縁仕上げ」、「曲げ加工」、「絞り加工」といった加工内容がプレスで実現可能なものですが、単発型がこうした工程のいずれか一つを盛り込んだ型であるのに対し、順送型は一つの金型の中に2つ以上の工程を等ピッチに配置しています。順送では加工は一工程であるため、1度プレスをしたら材料を工程間ピッチ長さで少し送り、またプレス、同様にまた材料だけを順送りしていくことで製品を加工することができる金型です。

イメージするとわかりやすいですが、複数の工程を経るようなプレスであってもブランク材をただ一定の速度で進めていけばよいだけの加工となるため、加工速度がもっとも速くなります。

ただし、反面、複数の工程が同一の金型の中に等ピッチで配置されているため、金型の中がいわば小さな加工場のようになっています。このため、金型が複雑かつ高価になり、加工形状が大きくかわるような製品によっては順送が使えないことがあります。

単発型

英語ではsingle action work dieとなります。使われる現場によって少し意味が異なることがありますが、単発型とは一つの機能、一つの工程のみで構成されているプレス加工を行うための金型です。もともとは人が手でプレス機を動かし作業することを前提に作られた型で、自動化などはされていません。プレス加工法のひとつである「単工程加工」に使われる型のことですが、単工程加工には、工程は一つであるものの、二種以上の加工をプレスの1ストロークで行えるようにしている複合型を呼ばれる型を使うこともあります。一般には「単発」といった場合は、1ストロークで、1つの加工メニューをこなすような型のことをいいますが、単発型といったときに「単能型」と「複合型」を区別せずに呼称することもありますので留意が必要です。コストはここにあげた他の型に比べてもっとも低くなります。

タンデム加工に使われる型も、この単発型です。

トランスファー型

英語ではtransfer dieとなります。

トランスファー加工に用いられる型ですが、基本は単発型と同じです。ただし、トランスファー加工自体が役割の異なる単発型を並べて、プレス製品を順に搬送(トランスファー)していくことで自動加工を実現したものであるため、型自体にもトランスファープレス固有の機能が盛り込んであります。製品の金型間の移動は、トランスファー送り装置で搬送していくため、人の手を介在せずに自動でプレス製品が次の工程に流れていくよう工夫が凝らされています。

スポンサーリンク

>このページ「順送型、単発型、トランスファー型の違い|プログレ、タンデム、トランスファーの金型比較 」の先頭へ

順送型、単発型、トランスファー型の違い|プログレ、タンデム、トランスファーの金型比較 についての関連記事

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集