ミルシート(MILL SHEET)とは

2013年7月7日更新

ミルシートは、鋼材などを購入した際に製造元から供給される成分表、仕様書のようなものです。正式には、鋼材検査証明書、材料証明書ともいいます。

鋼材は、成分とその後の熱処理の二つによってその性質、例えば引張強度や伸び、耐力、硬度、衝撃値など破壊強度に影響するパラメータが大きく変わります。中でも、鋼材の生まれであることを示す成分は、その鋼材の基本的な性質を決定付ける部分となるため、使用前には必ず確認しておくべき部分です。JIS規格に基づいた鋼材であっても、規格内で成分のばらつきがあるため、用途によっては実績値(実測値)が事前に必要となります。

熱処理でかなり性質を変える部分もあり、窒化や浸炭などで表層のNやCといった量を増量させることはできても、もって生まれた成分については変えることができません。

ミルシートに記載される項目としては以下のようなものがあります。

  • 成分(鋼の5元素といわれるC、Si、Mn、P、Sのほか添加されている元素の情報)
  • 引張強さ、耐力(もしくは降伏点)、伸び、硬度などの機械的性質
  • 寸法、サイズ
  • 質量
  • 証明書の発行主体(メーカー名、製作所名)
  • 製造番号や証明書番号など管理番号

成分や引張強さなどの機械的性質については、その値が規格値なのか、実測値なのか、保証値なのかに留意すべきです。

なお、ミルシートは主に日本で使われる用語であり、対象となるのが日本の鋼材ではない場合、外国の取引先相手にMILL SHEETといっても通じないことがあるので注意が必要です。この場合、MILL CERTIFICATEやSPECIFICATION SHEET、INSPECTION CERTIFICATEといった表現で補うとよいかと思います。

EUなど環境規制の厳しい諸国への輸出に際しては、鋼材の含有成分も問題となることがあります。こうした規制をクリアするための手続きや、環境物質管理の際には、鋼材の成分が必要となる場合もありますので、ミルシートをあらかじめ入手しておく必要があるケースも出てきます。

スポンサーリンク

>このページ「ミルシート(MILL SHEET)とは」の先頭へ

ミルシート(MILL SHEET)についての関連記事

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集