機械材料に必要な性質と選定

2012年12月3日更新

機械に用いる材料は、金属材料から硬脆材料、樹脂材料など非常に幅広いタイプのものが使われますが、中でも金属材料が使われる比率は高いと言えます。

これは機械に限りませんが、どのような材料を用いるにしても、その材料の特性や性質、メリット、デメリットなどを理解せずに設計に組み込むことはできません。機械であれば、安全に用いることが出来ることはもちろん、故障が少なく、万が一故障した場合でも修理できる必要があります。

機械材料に求められる要件には次のようなものがあげられます。

  • 安全に用いることが出来ること
  • 強い毒性や危険性がなく、周囲の環境に負荷をかけないものであること
  • 購入が比較的容易に出来、量産に使うものであれば想定の範囲内の金額で入手できること
  • 代替材料が存在すること
  • 加工性がよい、もしくは加工が量産ベースで可能であること、再現性がとれること
  • 規格などで標準化されていること、納入仕様、品質が安定しており、将来にわたっても同じ仕様・品質のものが手に入ること
  • 目的に合致する性質を備えていること、例えば、ある条件での強度、耐熱性、耐酸性、耐食性、耐摩耗性など。
  • 使用環境の中で十分な強度や性能を備えていること。例えば通常の環境で耐食性があっても、機械を用いる環境が海水や塩水、熱水などのかかる環境であれば、そうした環境での耐食性が必要。
  • 他の材料との相性がよく、組み合わせて用いた場合に不具合が起きないこと
  • 法令に則った廃棄が可能であること、廃棄に著しいコストがかからない、再利用の可能性があること等。

スポンサーリンク

>このページ「機械材料に必要な性質と選定」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集