IF鋼とは|IF鋼の特徴と成分

2016年11月7日更新

IF鋼とは、Interstitial Free鋼の略で、炭素量が10ppm以下という極低炭素鋼です。成分としては、チタンとニオブを添加することで炭素を吐き出して無害化させたものです。

炭素量を下げれば鉄はやわらかくなります。ただ、冷延加工時に鉄と炭素が結びついてセメンタイトがあると軟らかさの実現が困難となります。これにチタン、ニオブを添加すると、これらは炭素と結びつきやすく、炭素を無害化することができるという仕組みです。

なぜここまでやわらかい鋼板をつくる必要があるのかといえば、自動車の場合、深絞り用鋼板を作る、つまりr値の高い鋼板をつくることが目標とされてきた為です。自動車のさまざまなデザインを可能とするには、この深絞り加工を量産で効率よく行えることが必須となります。IF鋼は自動車鋼板の開発によって誕生した鋼板のひとつと言えます。

一般的な鋼板加工の例で見ますと、冷間圧延後の鋼板は加工硬化もあり、とにかく硬くなっているため、これを絞りで効率よく加工できるようにしていくには焼鈍工程が必須となります。

これには工数、つまりコストがかかってくるわけですが、極限まで炭素や不純物を除去する等成分調整された鋼板であるIF鋼を使うことで、これらにかかる工数や時間を減らすことができるというわけです。

IF鋼がr値の高い鋼板であり、深絞りに特に向いている素材であることは述べましたが、通常の低炭素鋼との違いは、ニオブとチタンの存在にあります。この元素によって鋼板内の炭素が固定されているため、時効劣化がおきないという点も大きな特徴のひとつです。

スポンサーリンク

>このページ「IF鋼とは|IF鋼の特徴と成分」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集