ハイスと超硬の違い

2013年8月1日更新

ハイスは高速度工具鋼のことで、ハイスピードスチールを略してハイス鋼(ハイスコー)と呼ばれる鋼です。名前が示している通り、切削工具などで高速加工に使うことを想定した鉄鋼材料です。

一方で、超硬とは、超硬合金ことで、金属の一種ではありますが、鉄鋼系とはだいぶ性質が異なり、炭化タングステンやコバルト、ニッケルなどを焼結して製造されるため、セラミックスに近い性質も持ちます。重量も超硬のほうがありますので、手にもって比較すると一目瞭然です。

ハイスは一般的に入手可能な鉄鋼材料としては、最も硬度に優れたグレードが存在し、硬度もビッカース換算(HV硬度)で700以上出ます。超硬は、「金属」という括りで見た場合、最も高い硬度を持ち、ビッカース硬度は2000を超えるグレードが存在します。

こうしてみると、硬さは超硬のほうが上ですが、硬いものほど、靭性と呼ばれる「ねばり」が失われてしまうため、衝撃に弱い、無理な力がかかった際には折れたり、割れたり、欠けたりというデメリットもあります。突然の欠けや折れといった現象には、靭性に優れたハイスのほうが優れた性能を見せます。特にねじれるような力に対しては違いがはっきりと見えてきます。

もっとも、ハイスと超硬が比較されるようなシーンというのはほとんどの場合、切削工具のチップやバイトとしてなので、現在は超硬工具が主流とも言えます。超硬は、先述したとおり、ビッカース硬度で2000を超える硬さがあり、高温環境下でも硬度が低下しません。多くの鋼材は、高温になると軟化していくため、切削工具など高速で回転し続けるワークと接するものは、接触点が非常に高温となります。クーラントや切削油である程度は温度を下げることもできますが、熱に弱いものには向きません。この点、超硬の耐熱性はハイスよりも優れます。

また硬さというのは耐磨耗性に比例するため、硬ければ硬いほど磨耗には強くなります。変形や欠け、折れといったものも、ある程度までは硬さに連動していきますので、超硬の強みとなっています。

刃に靭性や衝撃に対する強さといった要素を求めるのであれば、ハイスも検討項目にあがってくるかと思います。なお、価格についてはハイスも鉄鋼材料の中では高いほうですが、超硬のほうが高価な材料となります。

スポンサーリンク

>このページ「ハイスと超硬の違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集