赤錆と黒錆の違い|赤錆から黒錆への転換、変化は可能か

2015年9月2日更新

鉄鋼材料に酸素と水が触れることで「さび」が発生します。鉄はそのままでは不安定な存在なため、酸素を取り込んで酸化物となろうとする性質を持ちます。このため、鉄鋼系の材料は程度の差はあれど、錆の問題とは常に無縁ではいられません。いわゆる錆にくいステンレスや、コーティングされた鋼板もありますが、いずれも絶対に錆びないというものではありません。原理としては鉄、鋼の表面に何らかの方法で膜をつくり、その膜によって錆の発生を防ぐというものです。

この鉄につく錆には、大きく分けて黒錆(くろさび)と赤錆(あかさび)の別があります。赤錆は化学式Fe2O3で、その名のとおり、錆自体が赤みがかっているもので、鉄そのものを腐蝕させ、ボロボロにしていく性質を持ちます。錆といえばまず思いつくのがこの赤錆であり、一般的なイメージにあるとおり、鉄を朽ちさせていく元凶となります。

一方、黒錆は化学式Fe3O4で表記され、一般的な鉄に対して自然に発生することはなく、鉄の表面にできる酸化膜のことです。表面に黒錆ができると、赤錆の発生を抑えることができます。このため良性の錆といわれることもあります。意図的に鉄の表面に膜をつくってやり、その膜で錆から保護するという原理です。

こうしたことから、錆転換剤などの名称で、いったん赤錆が発生してしまった箇所に対して、黒錆へ転換させて錆の進行を抑えるというようなことが可能な製品が出てきています。中には塗料のような形で、本来の黒錆とは違うものもありますが、実際に黒錆が酸化膜として固着させることができる製品の場合、赤錆を落としてから使うことで、それ以上、錆が広がることを防ぐことができます。化学反応により、赤錆を除去したその上に酸化膜を形成させていくものです。

つまり赤錆から黒錆への転換というのは、赤錆を除去した後、腐蝕している箇所に「錆転換剤」を塗布することで、化学変化を起こさせ、酸化膜を鉄の表面に強制的に作り出す薬剤です。いったん黒錆ができれば、酸素や水から母材となる鉄そのものを守ってくれますので、防錆の効果を発揮することになります。

赤錆と黒錆の違い
- 赤錆 黒錆
化学式 Fe2O3 Fe3O4
種類 酸化第二鉄 四酸化三鉄
発生方法 水、酸素に触れる。自然に発生。 高温に熱するか、メッキする。一部の鋼材・金属を除いて自然には発生しない。
性質 対象をボロボロにしていく所謂錆。隙間が多く、金属組織の奥へ進んでいく。悪性の錆とも呼ばれる。 表面に膜を形成し、赤錆を防ぐ。良性の錆とも呼ばれる。黒皮材は、表面に酸化膜が形成されたもの。

スポンサーリンク

>このページ「赤錆と黒錆の違い|赤錆から黒錆への転換、変化は可能か」の先頭へ

赤錆と黒錆の違い|赤錆から黒錆への転換、変化は可能かについての関連記事

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集