放射温度計のメーカーの一覧

2014年12月8日リンク更新

放射温度計は対象に接触することなく温度を計測を可能にする計測器の一つで、形状や計測方式によりいくつかのタイプ・仕様があります。

放射温度計そのものは、非接触型の温度計の総称として用いられている為、設置型なのか、持ち運びできたり、手に持って使ったりできるハンディ型・ポータブル型なのか、また対象の温度を測定する際には、センサータイプの他、ファイバータイプもあります。

測定可能な温度範囲と、温度の分解能(温度をどれだけ細かく計測可能か。例:0.1℃刻み等)、視野(測定可能なポイントの広さ、大きさ)、非接触式の場合、どれくらいの距離まで測定可能かといった点がスペックとなっています。

あらゆる物質から放射される赤外線を感知するのが放射温度計の基本原理となります。こうした測定原理の関係で、鏡面や光沢面の測定は難しいものがありますが、対応する機種もあります。

安立計器
温度計の専門メーカー。放射温度計としては、ハンディタイプのものと設置タイプのもの、接触式温度計との複合型などがある。表面温度計、非接触温度計、蛍光式光ファイバー温度計、温度測定器、周辺機器、温度センサなど。ハンディタイプ放射温度計R-100シリーズだと、計測温度範囲は-50〜500または0〜1200℃となっている。
オプテックス
滋賀県大津市に本社を置くセンサメーカー。非接触型としては、ポータブル型と設置型の双方で用途や計測環境に応じた幅広い種類の放射温度計をラインナップに持つ。機種は、長距離狭視野タイプやワイドレンズのもの、微小点測定が可能なものなどがある。
ジャパンセンサー
1976年設立の計測機器メーカーで、赤外線放射温度計、赤外線応用機器の設計・製造・販売を専門に行う。放射温度計・赤外線温度計・非接触温度計を各種ラインナップとして取り扱う。
フルーク
米国に本社を置く精密電子計測器メーカー。K型熱電対標準付属で非接触・接触温度測定が可能なものとしては、測定範囲が−30℃〜3000℃、−40℃〜800℃のものなどがある。測定温度範囲と、測定範囲(ポイント)によって複数の製品がある。
レイテックジャパン
工業アプリケーションに特化したもので、機器組込型の非接触温度計などを扱うブランド。フルーク社の一員。
林電工
1961年創業の工業計測用温度センサー、熱電対、測温抵抗体等の専門メーカー。センサーの選定依頼も受け付けている。接触式、非接触式の温度センサー双方を取り扱う。オプトリス、レイテックの公式販売店。
キーエンス
ファクトリー・オートメーション総合メーカー。計測機器、分析機器なども幅広く取り扱う。ファブレス形態のメーカーの為、自社工場生産ではないが放射温度計をはじめとする非接触の温度センサを取り扱う。非接触のハンディ型の放射温度計IT2-80だと、測定範囲が−50〜+500℃、分解能0.1℃となる。
アメテック(ランド)
英国にあるLand Instruments International Ltdの製造販売する放射温度計・熱画像システム温度校正用機器を取り扱う。放射温度計としては、固定式、用途専用タイプ、走査式、ポータブル式などを扱う。走査型は温度帯域にあわせて複数のラインナップがある。
堀場製作所
組み込み・設置型とハンディ型の両方を製造販売。放射温度計 IT-550シリーズだと、測定対象物から1メートル離れた場所から-50℃から500℃までの範囲で測定が可能。放射温度計IT-545シリーズは-50℃〜1000℃の温度範囲を0.8秒以内に高精度測定ができる。
オムロン
制御機器、電子機器、健康医療機器などを手がける大手FAメーカー。温度関係のものとしては、主に設置型の温度調節器(デジタル調節計)を製造販売。
エー・アンド・デイ
昭和52年設立の電子計測器、産業用重量計のメーカー。赤外線放射温度計を各種取扱、計測温度幅や温度計のサイズ・性能等複数のものを取り揃えている。
チノー
昭和11年設立の計測制御機器メーカー。レンズ集光方式、ファイバ方式、携帯形、走査形の4系統の放射温度計をラインナップとして持つ。タイプによっては低温用、中温用、高温用と温度域によって製品が分かれている。
横河メータ&インスツルメンツ
横河電機グループの電気計測器メーカー。放射温度計530シリーズをラインナップに持っており、防水・防塵タイプも。

スポンサーリンク

放射温度計のメーカーの関連分野のリンク

放射能測定器のメーカー一覧
デュロメーターのメーカーの一覧
赤外線(IR)の波長

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集