ダイヤモンドワイヤーソー

2010年6月26日更新

縄のような線上のダイヤモンド工具の一つで、ダイヤモンド砥粒をふくむビーズ状の玉をワイヤー状にネックレスのようにつないであります。ワイヤーの長さは通常、相当なもので、採石場(山元)からの御影石や大理石の原石を切り取る際や橋や大きなコンクリートの構造物の切断破壊などにも使われます。石材用、コンクリート用などでも仕様がかなり異なります。

ダイヤモンドワイヤーソーは、プーリ駆動する動力機とセットで用いられ、加工中はこのプーリが高速回転して、ワイヤーの回転と共に大きな張力を発生させて、対象を切断します。ワイヤーソーとも呼ばれます。湿式、乾式ともにあり、石材用やコンクリート用に応じて、ビーズをつなぐ素材が変わってきます。価格は1メートルあたりの単価で示されることが多いです。土木建築や採石、採掘現場などでよく見られます。金属製のワイヤーに直接電着加工したタイプの工具もありますが、建造物の切断などの大面積のものにはあまり使われません。電着タイプは石英、ガラス、半導体結晶などの脆性のある材料の切断などにも使われます。

ダイヤモンドワイヤーソーはブレード状の工具に比べて、騒音が少なく、装置の機構が単純、水中切断可、持ち運びが容易、大きな切断対象や、イレギュラーな形状のものでも切断可能、などの特徴があります。過酷な環境下で使用されるため、精密用途のダイヤモンドホイール等とは比較にならないほど損耗は激しくなります。

なお、ワイヤーソーには電着ワイヤーソーや、比較的小型の加工に用いるものもあります。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

ダイヤモンドワイヤーソーについての関連用語

ガングソー(ギャングソー)とは
バンドソー(ダイヤモンドバンドソー)

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集