砥石のツルーイング

2010年6月26日更新

砥石のうち、特に回転させて用いるタイプの砥石は使っているうちに減っていき、形状がだんだんと崩れてきます。加工メニューによっては、砥石の形状がしっかり維持できていないと難しいものもあり、こうした形状が崩れてきた砥石は形を整える必要があります。この作業を「ツルーイング」といいます。また砥石の形を修正する作業のため、単に「修正」と呼ばれることもあります。実際の加工現場では、ツルーイングとドレッシングを区別していないこともあります。軟らかいタイプのボンドのほどツルーイングやドレッシングは容易になりますが、反面、形状の維持には難があります。

研削砥石のツルーイング

このタイプの砥石を使う際は、振れをとる意味もあり、ツルーイングは必須といえます。ダイヤモンドドレッサーなどを使って表面を少しだけ削りつつ、砥石の形状を整えていきます。研削砥石は、ダイヤモンド砥石に比べると形状は割とすぐに変形していきますので、適宜ツルーイングが必要です。

ダイヤモンド砥石、ホイールのツルーイング

プロファイルをはじめ、ストレートホイールでも先端の角が立っているいわゆるピン角の状態でないと溝加工などでは加工がしづらいため、先端が丸まってきたり、形状が変わってきたら適宜修正を行っていきます。加工を行う人が自分でやる場合もありますが、近年は砥石メーカーや販売店に修正依頼を出すことのほうが多いようです。砥石の先端Rの精度が影響するような加工では、使い切るまでに数十回修正加工されるものもあります。レジンボンドの場合は、研削盤への取り付け後に軽くツルーイングをして振れをとることもあります。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

砥石のツルーイングの関連用語

砥石のドレッシング
ツルーイングの方法
ドレッシングの方法

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集