砥石のドレッシング

2010年6月26日更新

砥石は使っていると目が詰まってきて切れ味が低下してきますが、このとき、砥石の表面を研いで切れ味を取り戻す作業を「ドレッシング」と言います。砥石の目を立てる作業のため、「目たて」とも言われます。

砥石は、砥粒とボンドの粉を焼き固めて作りますが、使っているうちに工作物の表面を削りながら、自分自身の表面も切りくずや破砕した砥粒の破片などで削られていきます。これによって役目を終えた砥粒が脱落して、下から新しい砥粒が次々に出てきます(自生作用)。ところが加工対象によっては、切り屑は細かく粘り気があったり、砥石の削られる速度が追いついていかなかったり、逆に速すぎたりして、切れ味が低下してくることが多々あります。その際にはこのドレッシングで砥石の切れ味を取り戻します。研削盤での可能のなかには、砥石の目詰まりを前提にして面粗さを向上させていくこともあるため、作業の節目節目に行うこともあれば、ある程度使いこんだらドレスするなど様々な間隔で実施されています。

この砥石の表面を砥ぎなおすドレッシングでは、表面に切りくずなどがこびり付いて詰まっただけの場合(目詰まり)と、砥粒自体が摩耗してしまっている場合(目つぶれ)、砥粒が脱落している場合(目こぼれ)などによって最適な方法が異なります。たいていはこれらは複合的に発生していますが、表面が切りくずなどで詰まっているケースでは、スティック状のWAやGCなどで表面の切りくずを払う効果を持つドレッシング方法が効率的です。砥粒が摩耗してしまっている場合は、ボンドを薄く一層剥がしてしまうようなドレッシングが効果的です。難削材を研磨する(研磨のしにくい素材に砥石をあてるとボンドが削られていきますので、ドレッシングとしては効果的です)、ドレッシングツールを使うなどの方法があります。

なお、上述はダイヤモンドホイールやCBNホイールのドレッシングの場合ですが、研削砥石の場合、ダイヤモンドドレッサといわれる先端にダイヤモンドを埋め込んだ専用工具を使って形状を整えるツルーイングと兼ねてドレッシングを行ってしまうことが多いです。研削盤の場合、ステージにマグネット式の固定器具などでダイヤモンドドレッサを固定して、研削砥石の表層をドレスしていく方法がよく使われます。こうしたドレッサーは研削砥石を購入すると無料でついてくることもありますが、使用量によって1つ数百円から数千円で販売されていることが多いようです。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

砥石のドレッシングの関連用語

砥石のツルーイング
ツルーイングの方法
ドレッシングの方法

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集